女王強し。

コメントを残す

7月15日 なでしこリーグカップ第10節 日テレベレーザ戦 1-2の敗戦。

予選突破の可能性が無くなった消化試合ではあるが、「五十公野満員プロジェクト」とうたい今季最多の観衆の前で無様な試合は見せられない。しかし現実は「女王」の強さを見せつけられる結果に。

日テレはワールドカップメンバーをベンチスタートにして1.5軍なのかな?しかしそれがメチャメチャ上手い。ベレーザ=パスワークと思いがちだが、もちろん流れるような攻撃も流石でしたが、注目したのがディフェンス。

ハイプレッシャーとか引いて守るとかではなく。寄せの速さと絶妙な距離感。付かず離れずの距離で動きを止め、隙あらばボール奪取。数的有利も作られアルビは孤立しがち。珍しくバックパスが多かった。

スコア以上に感じた力の差。ベレーザは下部組織からのたたき上げが多い、一貫した指導の賜物。対するアルビはガールズから昇格してきた選手がまだまだ戦力になってきていない。

そろそろ本腰をいれて育成強化が必要かもしれない。開志学園と提携した全寮制にするとか、トップチームのお手本があるではないか。

ちょっと厳しめな記事になりましたが、改革を進める山本社長への期待も込めて!という事です。

PS試合前、グッズ売店に行くと、販売補助をしていた川村選手がこっちを見て「来た!来た」と言うので誰が来たのかと振り返ると誰もおず、きむジイの事だった(笑)「応援のぼり旗どうですか??」「え?おれ??」いつもいっぱい買ってるからどうかなぁ~と思って」2種類で6500円…高けぇ~ってかどこに掲げる??

丁重にお断りしました…。でも左山桃子に勧められたら買ってたかもしれない(←アホ)

広告

厳しい現実

コメントを残す

7月13日 第22節ホーム横浜FC戦0-2の敗戦。

試合前久しぶりに会ったサポ仲間と、「プレーオフは行けんじゃね?3位か4位に入ってホームでやりたいね」なんて取らぬ狸の皮算用をしていたら現実は厳しかった…。 完敗。

プラネタスワンが始まって連勝、「今日もペンライトを振りたいゾ」などときむジイも浮かれておりましたわ。

横浜FCは調子を上げてきたレオナルド、フランシスもしっかりスカウティング。レオナルドには人数を掛けて自由にさせず、フランシスにはタイトなプレッシャーで蓋をする。ボールホルダーにもしっかり寄せて簡単にパスを出させない。そしてセットプレーから効率よく得点。良いキッカーと良いターゲットが居れば武器ですわな。

アルビの失点シーン。チャンスの後、カウンターを受けてからのコーナーキック。相手の変化に対応できず17歳斉藤にやられちまった。いちいち油断しているんだよなぁ~

反撃したいが好調な二人は抑えられ、パスは短かったり長かったり合わない。セットプレーに活路を見出したいが、直接FKは枠にすら飛ばない。なんてこった。

ニョキニョキ伸びた天狗の鼻をへし折られた。次節はまたメンバーを変えてくるのかな?選手層が厚…チガッタ どんぐりの背比べだったね(苦笑)

きらきらひかる。

1件のコメント

きらきら光る、プラネタスワン。

星になったターレスはこの試合を見ていてくれたかな。

ご冥福をお祈りいたします。

7月6日第21節ホーム大宮戦。2-1の勝利。2節続けての逆転勝利、16試合負けなしの大宮相手にこの勝利は「大きい。

「ブラジル人頼みのサッカー」と人は言いますが、昔からアルビはブラジル人に頼ってきただけに、いわば「原点回帰」。ホントは現実路線なわけだ。なんちゃってポゼッションに見切りをつけ、引いて守ってカウンター。なんで俺が解任されたんだ?と片渕さんは苦笑いしているであろう。

フランシスが化けつつあり、得点パターンが生まれてきた。レオナルドも「俺が俺が」と空回りしていたが、「フランシス使った方が楽じゃね?」と気が付いたようだ。相性も良いらしい。シルビーニョとはアレだが…。そりゃ同じ日本人だって気が合う人と会わない人はいるわけだからブラジル人だて同じでしょ。

試合終盤は大宮の怒涛の攻撃に対し、身体を投げ出して立ちはだかる新潟。数年前J1で強豪相手に奮闘する新潟を思い出して胸が熱くなる。「反撃の夏」となるか?ここからが正念場。サマーユニホームでも出して一儲けしますか!?←違う

PS大宮さんは調子が良いとあってビッグスワン史上最大の人数、大声援だったのでは?

羨ましい…うちもブイブイ言わせたいゾ。

潟る。

2件のコメント

6月23日なでしこリーグカップ第7節ホーム・ノジマステラ戦1-1の引き分け。88分に追いつかれてのドロー。決勝トーナメント進出に黄色信号がともる痛い引き分け。

15分に阪口萌乃のゴールで先制する理想的な展開。追加点を取るチャンスも多かったがここを決まられない。

この試合は采配に疑問が残る。右サイドバックに松原を起用。攻撃的選手なので左SBの北川がバランスを取ったのか攻撃参加が少な目。この時点でアルビのストロングポイントを失った。

65分に佐伯OUT山谷IN。山谷を右SBに入れていつもの布陣にするかと思ったらそのままサイドハーフへ。

78分大石OUT上尾野辺IN。ワントップに入るがここからトップに収まらなくなる。セカンドボールを拾えず、中盤は疲労からプレッシャーが掛からない。88分園田OUT左山IN。左山の交代準備中に失点してしまう、もっと早く交代できなかったのか??

もっとも追加点を決めていればこんな結果にはならなかったわけで、決定力の無さもそうだが、大事な試合での勝負弱さも露呈。

このままじゃシルバーコレクターのまま。点取り屋の発掘、育成が急務だ。

あと思ったのが、アウェイチームにメインスタンドで太鼓を叩かせるのはいかがなものか。大した音量ではないのだが、コール・チャントが独特というか個性的でリズムがヘンテコでズッコケる感じ。アルビの選手はリズムを崩したのでは?  なんてね

スタンド中央ではアウェイユニ着用禁止でもいいでしょう。試合後目の前でいつまでも騒がれたら腹立たしくなりますワ。

愕然。

コメントを残す

https://www.nikkansports.com/soccer/news/201906220001282.html

ターレスが交通事故死…。

なんてことだ…。

レオナルドが頼りないので今のチームにターレスが居たらなぁ~なんてついこないだ想像していた。

ただただご冥福をお祈りいたします。

驕るアルビは久しからず

コメントを残す

6月22日アウェイ金沢戦1-2の敗戦。3連勝ならず。 (チケットを買いそびれてDAZN観戦)

下位チームに勝てても上位チームには勝てない。下位チームに2連勝して緩んだのか?これはあながち冗談ではないのだ。先日放送された「とことんアルビDX」で高木、新太、陵磨の座談会で「イケルっしょ」「大丈夫っしょ」とピッチ上で油断があったことを告白。嘘のようなホントのはなし。2連勝で緩んでも不思議ではない

左SBの堀米の『確変』も終了。バックパスマシーンに変わっていた。これは対する長谷川巧をほめるべきか…伸び悩んでいた感を払しょく。さすがはヤンツー。

金沢も鍛えられていた、一対一のマッチアップは激しく、ファールもじさない覚悟を感じた。金沢との契約が切れたときには頭を下げてもう一度就任していただこう。

なかなか順位が半分より上に行けないアルビ。まだ序盤だのプレーオフ圏との勝ち点差が少ないからだのポジティブな声も聞こえますが、なんだか上位チームとの差はけっこう大きいと感じるのはきむジイだけ???

プラネタスワン。

コメントを残す

試合に勝ってプラネタスワンの演出も決まりクラブの目論見通り。「ペンライト?フンそんなもの!」なんて硬派を気取ってましたが、実際振ると、、楽しいじゃぁないかぁ~(笑)。

そもそも大荒れの天気の予報がキックオフ直後に大雨だったくらいで済んだ。是永社長は「晴れ男」らしいのでこれが「持っている」ということか?このツキニあやかりプレーオフ圏内へ…

なんてのは甘いかぁ~

6月15日第18節ホーム栃木SC戦 2-0勝利。

久しぶりに見る 堀米 悠斗 は躍動していた。試合に出られなくてもしっかり準備していたことを感じる。

思い切りの良いオーバーラップ、カットインからのシュート。停滞しがちなアルビの攻撃を活性化した。Twitterで亀田製菓への感謝を投稿するなどアツイ男だ。

右サイドバックのサムエルサントスにしても、フランシスとのコンビでイキイキ。ハズレガイジンじゃなかったワ。

堀米、サムエルとまるでシーズン途中の補強選手のような活躍。戸嶋も復活した。川口尚紀、渡邊奏基も這い上がってくれば良い。そして平松宗は夏に飛躍せよ。

今季初の連勝。どちらも下位チームだ。喜ぶのは昨日までにしよう。次節はヤンツー金沢。曲者だカントクガ

Older Entries