終了。

コメントをどうぞ

11月17日第42節ホーム山口戦0-2、完敗。
9月10月と負けなしだった片渕アルビは終盤2敗1分けの尻すぼみでシーズンを終えた。
熾烈な優勝争い、プレーオフ進出争いには蚊帳の外。スタジアムは歓喜に包まれる瞬間もなく試合はひっそりと終了。一番盛り上がったのは早川史哉の挨拶だった。(それと亀田製菓のスポンサー継続)。

試合はほとんど山口ペース。
素早く厳しいプレッシャー、攻守の切り替えの早さ。ショートパスを繋ぎ連動した動き、果敢に中央を突破するパスは鋭く早い。これでプレーオフ圏外とは恐れ入る。
1シーズン続けてきた自信が満ち溢れていた。かたや2カ月前にようやく形になってきた新潟では熟練度が違った。どんどん崩れていく自信、集中を欠いたプレーで失点する。
激しい当たりに怪我が怖いのか腰が引ける。
まあ来季への課題が山積みという事がクラブもサポも認識できてよかったとも言えよう。
悪い流れを変えられない采配も課題だろう、ベテラン参謀も必要ではないか?

ps試合後は恒例の『忘シーズン会』試合結果シーズン結果はアレですが、関係なく盛り上がりましたワ。
おかげで指がドクドクズキズキ傷んでしまい、2次会を途中で切り上げるはめに…。
ヤッチマッタ

広告

おかえり。

コメントをどうぞ

お帰り!史哉!!

来季のレプリカユニホーム、背番号は『28』に決定だな。

the消化試合。

コメントをどうぞ

11月11日第41節アウェイ徳島戦0-0引き分け。
モバアルによると「消化試合にしない」とのことでしたが、この不完全燃焼感は消化試合そにもの。スタメンを変えて臨んだがチャンスと捉えたのはソンジュフンのみ。集中した守備をみせて奮闘、怪我での交代が残念だ。
後半は徳島に押されっぱなし、セカンドボールも拾えずひたすら耐える展開。
ホーム最終戦の徳島にお膳立てしてあげたのに決定力の無さに驚く。
ピーターウタカがいつの間にか徳島に居た。(腕利きの傭兵って感じですな)
(ベンチには狩野健太。この人もさまよってますな)

結果的には負けなくて良かった。悪い内容でもしぶとく勝ち点1を拾った。
なんて言えますけど、はるばる徳島まで行ってあんな試合を見せられたサポは堪らないでしょうよ。お疲れ様です。

次節はいよいよ最終戦。
スターティングメンバー戻すよね??
田中達也が必要だと再確認した試合だった。そういえば来季の契約はどうなるんでしょう。予算削減と言って間違った判断をクラブがしない事を願うばかりだ。

ps 昨夜からTV観戦の連続。
レオシルバがとうとうアジアチャンピオンのメンバーですよ!大野カズはルヴァン杯王者メンバーだし。新潟を出たら低迷するジンクスはどこへ行った?
11:00からはJユースカップ準決勝。アルビU18は1点が遠く清水ユースに完敗。
しかし繋ぐサッカーは魅力的。本間至恩はアルビの至宝ですなぁ、ワクワクするプレーを見せてくれました。

こんなはずでは。

コメントをどうぞ

11月3日第40節ホーム ロアッソ熊本戦2-3の敗戦。
アディショナルタイムに失点という屈辱的なもの。
まさか、まさかこんな結果になろうとは・・・。
9試合負けなし、ホーム4連勝中。相手は最下位熊本。
来季のシーズンパスも申込み、ユニホームも予約した、すでに我々サポーターは来季に向けて気合充分。もちろん残り試合全勝のつもりだ。

試合が始まると熊本の勢いに押される。
パスミスからボールを奪われ失点、追いついた直後にPK献上。
なかなか勢いに乗れない、熊本のプレッシャーに抑えられる。
なんとか前半のうちに追いつき、後半はエンジン全開。
こりゃイケる。と思ったがゴールは遠く、まさか引き分けかよ?
と思ったら、まさかのアディショナルタイムで痛恨の失点。
最後まで、まさかこんなはずでは・・・との思い。
降格確定の熊本のモチベーションは何だ。戦いぶりは最下位チームのものでは無かった。J3の順位表をみるとJ2ライセンスを持たない沼津が2位になる可能性があり、そうなると21位のチームは降格回避できる。これだ。
シーズン最終盤で「弱きを助ける」芸風が復活したアルビ。
これは来季に向けて『勝って当たり前』という闘いはないのだよとの戒めか。
肝に銘じよう。
ということで、徳島・山口は弱くないので助ける必要なし。
遠慮なく勝っていただきませう。

ps 熊本の田中達也、良いですね。来季は新潟で『ダブル田中達也』とか面白そう。ネタではなくて戦力として。

祝砲。

2件のコメント

10月28日第39節ホーム町田ゼルビア戦2-0の勝利。
きむジイ退院後、初のトップチームのホームゲーム。
復帰を祝ってきむジイチルドレン(妄想)の渡邉新太が2ゴールの祝砲をあげてくれた。

と、勝手に思っています。
2-0でリードの後半、アグレッシブに攻撃の手を緩めない。
守備も激しく寄せて身体を張って奮闘。
そんなゲームを目の当たりにしていると、何故か涙が溢れてきた。
あー帰ってきたんだなぁ~と実感。
数年前の私が熱狂していたアルビレックス新潟も帰ってきた。
そして周りにはいつもの仲間達。
ありがとうございます。
残り3試合しかないのがほんとうに残念だ。
のこりの試合をこの目に焼き付ける。
全勝で頼むゾ。

ホーム最終戦。

コメントをどうぞ

10月27日アルビレックス新潟レディースはホーム最終戦を迎えました。
ジェフユナイテッド市原・千葉レディースと対戦、アデイショナルタイムに園田瑞貴が見事なシュートを決めて1-0の勝利。有終の美を飾りました、皇后杯に向けて弾みが付きましたね。

なんて綺麗にまとめたいところですが、課題が山積み。
パスの成功率はいったいいくつだったのか?低い。ショートパスを繋ぎたいのだろうが、呼吸、意思疎通は合わず、強引な楔のパスはカットされる。ならばとロングボールをスペースに出すが明後日の方向に飛ぶ前半はジェフのペナルテイボックスに侵入できず防戦一方。
後半はギアをあげ攻勢を掛けるがシュートの精度も悪く、ビッグスワンはため息の連続。
園田瑞貴の個人技で勝利をもぎ取った印象。

シーズン最終盤でのこのチーム状態はいかがなものか?
選手個々の技術はしっかりしている。パスワークが繋がればそれはそれは魅力的なチームになりそうだ。そうなるとやっぱり指導者の力量が足りないのではないのか?
U18の白井を散々サイドバックで起用してきたが、本来は攻撃的選手らしくキレキレのドリブルを見せていた、なぜあそこまでサイドバックに固執していたのか?
北川ひかるは確かにクロスの精度も高く良い補強であったが、渡辺彩香だって良いクロス上げてたよ。小原由梨愛を一列あげる必要があったのか?甚だ疑問である。

確かに世代交代は必要であろう。いつまでも上尾野辺、大石、佐伯に頼っていられないだろう。
2弱のチームがいる今季は我慢して若い選手を育てようとしたのかもしれない。
おかげでチームはグチャグチャ。選手も悔しいだろう。挨拶に立った中村楓キャプテンの涙がそれをも物語っているのではないか。
今季は(私に)色々あり過ぎて試合を見る機会が少なかったので、あまり偉そうなことは言えませんがね・・・。

試合の映像、最終戦セレモニーの様子はコチラ

残留確定。

2件のコメント

10月20日38節アウェイ京都戦2-0の勝利。  J2残留が確定。(すっかり確定していると思ってた)

前半は京都のペース。闘莉王のポストプレーに手を焼きセカンドボールを拾われる展開。風下の新潟は耐える。実況解説が京都寄りなんでなんだかピンチに感じるがそこまで危険ではなかった、現在の新潟は耐えられる。自信を持ってるんでしょう。

で、後半風上に立つといきなりセットプレーから先制。混戦から折り返しをカウエがズドン、ゾーンディフェンスの弱点を突く、作戦とうりなのだろう。終盤は京都のトリプルタワーとやらでパワープレーを仕掛けてきたが、闘莉王 がガス欠。新潟も粘り強く守る、シーズン序盤のザル守備はいったい何だったのだろう…

耐えながらカウンターでチャンスをうかがい、アディショナルタイムで追加点をあげる。理想的な展開だ。8試合負け無し、チームは成績をイーブンにしてシーズンを終えるという目標設定したらしい。なかなか厳しい数字なので良いモチベーションになるでしょう。これから無敗で行けるかもしれません。

待てよ昨シーズンも終盤は負け無しだった。1年でのJ1復帰に期待が高まった。しかしそれが今季に全然繋がらなかった。

その反省を生かしてほしい。来季へ繋がる準備をしてもらいたい。

監督は片渕さんで良いだろう。参謀役のヘッドコーチも欲しい。カウエはお買い上げ、これは絶対に必要、大宮とのマネーゲームになったら分が悪いけど…今のうちにハッピーターンの粉漬けにしておけば…。河田は目を付けられそうなので今みたいにチャンスを逃し続ける事は大目にみておきませう。ターレスはレンタル終了だろう、下位チームで結果を出しているブラジル人FWを獲れないかしら?

是永さんがガンガン動いているようなので期待をしたいところ。神田部長も休んでいる暇ないよー

ps 両チームとも元名古屋所属が多かったですね。京都は監督を始め闘莉王、牟田、本多、石櫃、小屋松。新潟に大武、矢野、小川が居たら大変な事に。ジェルソンもそうか。育成が上手くいってるのかいないのか?選手層が厚いってのもあるでしょうが、お金持ちクラブは選手を取っ替え引っ換えするのでしょうね〜

ps2 退院はしましたが、指がビリビリ痺れて痛みます。病院と違ってシャバは障害だらけで色々不便な事も多くイライラする事も多くなかなか元気が出ないです…まあボチボチやっていきますわ。

Older Entries