劇的。

2件のコメント

病院の談話室でDAZN観戦。

至恩の勝ち越しゴールにはビックラこいた!変な声が出た(汗)

9月15日ホーム金沢戦 2-1の勝利。

序盤は金沢のペース、両サイドバックを高い位置に押し上げ、ショートパスを繋いでアタッキングサードに侵入。特に新潟の右サイドを突いてきた。戸嶋、尚紀を押し込もうという戦略だろう。ヤンツーさんも尚紀の攻撃センスは承知のはず。しかし冷静に対応した尚紀。弱気の姿勢は感じられなかった。徐々に押し返し後半は常に高い位置でプレー。後半を優勢に持ち込む。

1ー1の終盤、今までは「 押し込んでる(風)」だったが、今日は得点の匂いがプンプン。誰が決めてもおかしくない状況。「アイシテル新潟」のチャントが鳴り響く中決めたのは至恩!カットインからシュートコースを作ってGKの手をかすめる見事なシュートだった。ノッテルチームにはラッキーボーイが現れますなぁ〜〜

いやー早く退院してスタジアムに行きたい!そんな試合が続きます。

焦るあせる。

明日明後日は自主トレリハビリのみです。頑張ります!

広告

溜飲を下げる。

コメントをどうぞ

勝った、8試合ぶりの勝利、5ヶ月半ぶりのホームでの勝利。

複数得点も久しぶり、河田のハットトリックのおまけ付き。

ビッグスワンはさぞお祭り騒ぎだったであろう、うらやましい。

9月8日ホームFC岐阜戦5ー0の勝利。

私的MVPは尚紀。2アシストに先制点の起点にもなった。ようやく期待に応えてくれた。前節のゲキが効いたようだ(嘘)さすがきむジイチルドレン(妄想)。仕掛ける姿勢、クロスの精度、アタッキングサードへの侵入、粘り強い守備。やればできる(^^;;

前節愛媛戦から改善が見られた前線からのプレッシャー、行くところ行かないところが整理され後ろも連動した。相手選手への寄せも速く人数も多い、攻守の切り替えも早い。奪ったら手数をかけずに前へ付ける。先制点のシーンは裏へ抜ける戸嶋→尚紀スルーパス→ダイレクトでクロス→河田のボレーシュート!見事なワンタッチプレーの連続これだよこれ。

まあ完勝だが岐阜も相当酷かったし参考記録として留めておこう。

次節に真価が問われる。

相手は金沢、

曲者だ 監督が。

軽装になりました。

コメントをどうぞ

こんなスリムな保護装具になりました。

人差し指に入ってたピン(ワイヤー)を短いものに入れ替え、第一関節第二関節のリハビリ開始。

中指は横に入ってたピンを抜き第二関節のリハビリ開始。

バキバキでさっぱり動きませんが…「ガンガン動かせ」とのドクターの指示で頑張ってます。

中指の接着部分の皮膚がまだまだ再生できてなく、出血もあるので退院は未定とのこと。

まあ焦らず養生します。

痛み分け。

2件のコメント

9月1日アウェイ愛媛戦、スコアレスドロー。

評価は分かれるだろうが現実的に戦い勝ち点1をモノにしたってところか。

悲しいがこれが現状だ。

前半は守備的で後半勝負。センターバックは富澤がアップ中に負傷により大武が久々に出場。

最後まで身体を張れる選手なのでなんとかピンチを防いでくれた

前半の途中からプレスもはまりだして連動した動きでボールを奪取、愛媛がボールを下げざるを得ないシーンが増えた。

これは達也のおかげであり、攻守に渡って走り続けた。願わくば得点機に決めてくれれば…。

守備に関しては改善が見られこれを継続していきたい。

あとは得点。頼みの梶山は足が痛いらしいもっともっと縦へ新太を河田を走らせてほしい。回復を願うばかりだ。

宮沢ミシェル絶賛のカウエだが、ディフェンシブなのはわかった。中盤で潰せるしカバーも良い。が、もうちょい攻撃に絡んでほしい。まあこれはレオシルバを見てきた我々が期待し過ぎなのかも。

左SBの泰基の仕掛けやシュートの積極性、戸嶋の運動量とカウンター攻撃の速さ。何かを変えようという気概を感じる。そしてそれをなぜ川口尚紀が出来ないのか?なぜバックパスばかりなのか??期待していただけにガッカリ。次節は安田だろう。

下位チームは揃って負けた。ここで引き離したい。なんとか勝ち点3を次節は勝ち取って欲しい。

ps実況解説は酷かったですね。多分前節を見ただけでアルビについて勉強はしていない様子。そんでもってアルビのスタメンが変わっているのにキックオフまで気が付かないってなんじゃい!?

その2 河原が元気でしたね。前半ヒヤリとさせられた。後半交代で助かったワ 。

Jr.ユース出の有田といい前野といい(恩返しゴール)がなくて良かったワイ

笛ふけども踊らず

コメントをどうぞ

@tack7215pumaさんのツイート: https://twitter.com/tack7215puma/status/1033628072036130817?s=09

8月26日ホーム福岡戦0-3の敗戦。泥沼の6連敗。試合前に監督がゴール裏に応援を呼び掛けたようだ。それに応え絶えず応援したが、肝心の選手が応えてくれないのではどうしようもない。

我々の唯一の光明・梶山はベンチ外。頼れるキャプテン(笑)の小川もベンチ外。怪我か?とんだポンコツだな。ではカウエに期待と思ったが、何故か深い位置でで守備的、「展開力が有る」とかいうモバアルの記事はガセだったわ。「止めて考えてパスを出す」すっかりアルビに馴染んでる(皮肉)。

先制されたシーン、ゴールラインを割るだろうとアルビの選手は足を止め。石津は走り込んできた。2失点目、ワンツーパス等の早い展開に付いていけない。3失点目、ディフェンスリーダー(笑)の冨澤が安易なシュートブロックでディフレクション。お粗末過ぎます。

攻撃は相変わらずの遅攻。

福岡の守備が整うのを待っているのか?尚紀や伊藤が仕掛けてもサポートが無く囲まれるだけ。個々は頑張っているのだろうが連動性に欠け意外性も無く創造性のかけらも無い。個人頼みだがアルビにはスーパーな選手が居ない、そりゃ得点できませんよ。

片渕監督の言う新潟らしさとは

「アグレッシブに泥臭く、最後まで諦めない」

だそうだが、現実は

「おっかなびっくりプレーし、それでいて緩慢なプレーで失点し、意気消沈して、反撃している風で無得点で敗れる」ってのが今の新潟スタイル。

皮肉にもなってないワ。

とりあえず梶山の復帰を待つ、これしか望みが無い。

楽しそうなカウエに腹が立つ

外出。

2件のコメント

昨日は外出許可を得てアルビレックス新潟レディース選手との交流イベントに参加。

久しぶりのシャバは暑かった…。

会場はビッグスワンのラウンジ。残念ながら薄暗く写真がブレてしまった。

それでもきむジイ達のテーブルには左山桃子選手が来てくれ、おしゃべりしたりサインをもらったり写真を撮ったりしました。

会場を回りたくさんの選手と交流。それはそれは楽しいイベントでしたワ。

怪我の事を話すと選手の皆さん山本部長も驚き、心配してくれ激励をしていただきました!!

よーしリハビリ頑張るぞー!

会場では読者の皆さんからも声を掛けていただきました。ありがとうございます。

励みになりました!!

結局。

コメントをどうぞ

断られたんですね、結局…。

交渉していたのかも怪しい

https://web.gekisaka.jp/news/amp/?252590-252590-fl

Older Entries