歯がゆいスタメン組を蹴落とすヤツはいねーのか!
 
ということで観てきましたアルビレッジでの練習試合。相手は北信越リーグのツエーゲン金沢。
 
結果は0-1で敗戦・・・。前半に川又が1点を決めたようだったが、オフサイドだったのかしら?
いーんだよ結果は、希望の光が見えたら。・・・・・しかし何も見えなかったです。
 
前半メンバー 野澤・彩翔・マイケル・大輔・中野・木暮・松下・アトム・高徳・川又・河原
 
野澤はピンチらしいピンチは無いので評価なし、コーチングの声は良く聞こえました。
中野は報道によれば好評価だったが、今すぐ松尾に取って代われるかといえば疑問です。
オーバーラップのタイミングが悪い、チャンスを見て上がるというよりあらかじめ前目のポジションを取っていて
パスがこない・孤立といった感じ。ドリブル突破も無く、クロスもあげたかな~?印象薄い。
河原・アトムはなんとなく試合をしているといった印象、幻滅。
アトムは身体が重そうでスピードが無い、彩翔の方がキレがあった。
川又は再三ゴール前でチャンスをつくるが、シュートが打てない・遅い・打ってもフカす。
それでも一番可能性は感じた。黒崎コーチからシュート技術を学んでください。
木暮はテクニックは魅せるがいかんせんフィジカルが弱い、地域リーグ相手でも劣勢。
彩翔は声も良く出てキレのある動きをみせたが、SBでは使わないでしょ。
大輔のオーバーラップにびっくり。いつのまのかゴールライン際に侵入しドリブルで一人かわす。
・・・がセンタリング上げられず、ロングフィードの精度も無かった。
 
後半は野澤OUT黒河IN。ポジションは変更がありました(詳細は自粛)
 
この後半が酷かった・・・。相手の早いプレスに前を向けず、最終ラインで回すばかり。
苦し紛れのロングボールは精度もなくチャンス作れず。
地域リーグのプレスに苦しんでどーすんのよ!!
 
挙句の果ては黒河がバックパスからのフィードを相手FWに渡してしまいあっさり失点。
元札幌の奈良が前線でタメをつくり、右サイドから11番が再三突破してくる。
CBにチェンジした中野はバタバタして応対が遅れた。
調べたら11番の高橋選手、新潟出身でJSCから横浜FCの経歴だった。張り切っていたはずだわ。
 
これではナビスコで若手を使え!って言ったってムリ。
スタメン組の連係の向上をはかったほうが良いでしょう。
 
とくにアトム・河原の精彩の無さにガッカリ。
なんだかんだ言われても寺川を使う理由がわかりましたし、交代枠を使い切らないのも理解しました。
ようは期待できないのです。
今のサブには!