今日は聖籠スポーツセンターへ、プリンスリーグ第4節を応援してきました。
 
アルビレックス新潟ユース 3-0 開志学園JSC
                        磯本x2
                        磯本
メンバー
           磯本   奥山
              泉澤
        八木   福田   高徳
              小林
          山崎 花木 坂井
              佐藤         サブ・・・大崎、渋谷、比嘉、中村樹、田中僚、佐野奨大、GK
 
前節より高徳選手が入り佐野選手がはずれました。
ピッチ横の真ん中くらいのベンチに座ってましたら、アルビの控え選手たちがゾロゾロ。
目の前に座りだして、なんだか声を出して応援するのが恥ずかしい状況になってしまった・・・。
 
前半8分、高徳選手の早いグランダーのセンタリング~磯本選手がワンタッチで合わせた技ありゴール先制!
早い時間帯での得点で精神的に優位に立つ。
22分開志のFK、密集から抜け出た選手がシュートを放つがゴール右へわずかに外れる。
35分開志右からのクロスにフリーでヘディングシュートを放つがクロスバーをかすめる。
36分アルビ、左から八木選手のセンタリング~磯本選手がボレーで右足アウトサイドキック。
GKの手をかすめてゴール右隅に突き刺さる!スパーゴールが飛び出し2-0。
 
決定力の差が出ていた。チャンスを作るがシュートが枠外の開志、きっちり決めたアルビ。
磯本選手はゴールシーン以外でもキレキレ、高徳選手も力強いドリブルやシュートを魅せます、
この2人はユースでは規格外な感じです。
左ウイングの八木選手もタイミングの良いオーバーラップ、正確なクロス。
守備にもしっかり戻り対応、アップダウンを繰り返す運動量も見事でした。
中盤は開志のプレスをいなす冷静なボール運び。泉澤選手がちょっと消え気味なのは残念・・・。
最終ラインの花木選手、カバーリングが良いですね。心配したフィジカル面も負けてません。
多彩なパスも魅力。常に声を出す姿勢も立派です。
右ストッパーの坂井選手、1対1の対応が課題のようです。
ドリブルで向かってくる選手に対して行こうか?引くか?躊躇し結局あっさり抜かれます。
堀川選手が復帰したらポジションは安泰ではないでしょう。がんばれ~
 
開志JSCはまだまだチームが出来ていないようです、チームメイトへの不満が声に出てしまいます。
修正とかコーチングではなく「何やってんだよ~」的な不協和音な感じ・・・
強烈なタレントも見当たらず、赤坂・田上選手が出場していたかも不明。
ただ⑳の選手のドリブル突破は見事、柔らかいタッチでスルスルと抜けていきます。
 
ハーフタイムにTOPチームの練習を見ると、本間と大野がコンビでかなりハードな練習。
本間の復帰も間近か?でも木暮も良いしね~簡単にスタメンとは行かないかも。
海本は軽いジョグ程度でまだまだかかりそう・・・。
 
後半スタート。
開志も気合を入れなおし、巻き返しを図ります。
19分DFラインの裏へ抜けた磯本選手、GKとの1対1を冷静に決めハットトリック達成。
その後アルビは次々と選手交代。
泉澤OUT大崎IN、磯本OUT渋谷IN、高徳OUT比嘉IN、奥山OUT田中僚IN。
交代で入った選手もそれぞれ持ち味を発揮し、チームの総合力アップを感じさせます。
注目した田中僚選手。大崎選手とのワンツーパスでゴール前へ侵入したり、強烈なシュートを放つ。
FKのキッカーも任されてました。「もっと長い時間プレーを観たい」と思わせる選手です。
ミスの目立った奥山選手もウカウカしていられないかも?
 
試合はそのまま終了。
意外に力の差が現れた試合でした。
あすはまだ未勝利の富山工業戦、きっちり勝って勢いをつけよう!
 
急いで家に帰り、スカパーで札幌戦を観戦。
内容はいまひとつでしたが、札幌ダビの暴走や松尾のラッキーゴールなどツキも出てきた感じ・・・。
とにかく連勝です!ちょっと移動の疲労が心配ですがめざせ!GW全勝!
ブラジリアントリオのコンビネーションもあったり、アレさんの強烈なシュートもあったり、大化けの予感・・・。
来週あたりこのブログ上でアレさんに謝罪することになるでしょう。
いや~うれしいッス。
 
 
 画像 028