待ちに待ったホーム開幕戦。
「悪夢のJリーグ開幕戦」からようやく1週間・・・長かった・・・。
 
今季初のサッカー講座は中西哲生氏の「よりサッカーを楽しむために」。
えらく豪華版と思ったら~
田村社長とJリーグのGM講座で一緒になり、それが縁となったそうです。
いまだかつて無い参加人数のためか?
会場がビッグスワン内のスポーツ医科学センターの大研修室になりました。
 
元サッカーマガジン編集部の方(名前忘れました、スミマセン)をパートナーに
ざっくばらんなフリートークで進む。
はずが・・・4-3-3のシステム分析をホワイトボードで始めたら~もう止まりません!
マニアックな解説を笑いを交えながら熱弁。
予定時間を1時間もオーバーし、12時近くまで続きました。
ほんとうに楽しかったです。自ら「第2弾・3弾と続けたいですね~」
と言ってくださいましたので待ち遠しいです。
 
内容は後日記事にしたいと思います。
 
今日の試合のポイントのひとつ、鹿島の内田とジウトンのマッチアップ。
どのように内田を止めるべきか質問してみました。
中西氏によると「ラインを揃えギャップを作らない、内田の右足側に立ち、右を切る。
中に切り替えしてくるだろうから、松下本間のカバーが必要」とのこと
試合がはじまり注目してましたが、内田は上がってきません。
左サイドのペドロJrが前線に留まっているためか。
ペドロJrがさぼる?ことが功を奏したか?な~んて実際は監督の指示でしょうな。
 
前半は鹿島を圧倒!
前線でめまぐるしく動く選手たち、ゴールに向かう積極性。
なんだか昨季とは別チームあたりまえか・・・
昨季を思い出せば~前線でアレさんが貴章が倒される(倒れる)ばかりでプレーが途切れがちだった。
とくに貴章はサイドで水を得た魚のよう。
サイドをドリブルでえぐったかと思ったら、戻ってディフェンス!
その運動量は「貴章が2人いる!?」かのようでした。
千代反田が治療中はセンターバックにも入ってましたよね~
無駄に倒れ審判にアピールする場面も無く、サッカーを楽しんでいるよう。
これからもっと期待してよさそうです。
 
後半はイマイチ・・・。
ガス欠か?鹿島の勢いに押されたか?2点差に緩んだか?
数少ないチャンスも活かせず。
大島がOUTしたあとタメが出来なくなる事もマズイでしょう
ヨンチョルはほとんどヘッドで競り負けてましたし。ペドロJrへのサポートも遅かった。
課題が残りました。
 
逆に浮かれるより、課題が出たほうがチームの完成には良いかもね。
 
なにはともあれ開幕2連勝!!
次は鬼門大分戦。生まれ変わったチームで苦手チームを撃破せよ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広告