本日はナビスコ杯予選vsジュビロ磐田。
日報の朝刊では亜土夢のスタメンとうたわれていましたが、チョ・ヨンチョルがスタメン奪取。
そして酒井高徳が右サイドバックでスタメン出場。
ホームビッグスワンでのデビューとなりました!ユースの先輩、長谷部彩翔・大野和成よりお先になっちゃいましたね。
 
サッカー講座が無かったので、いつもより遅めの入場。←この時点でテンション低いですな
ゴール裏には大旗が復活。
なんだかクラブへの抗議だったそうですが、たった1試合で気がすんだのかしら?
 
試合で気になるのは高徳・高徳。
高徳の試合を観るのは久しぶりです、というかトップでは初!開幕戦vsFC東京は記憶が無いので除外・・・。
今日は積極的に「攻撃に絡もう」との意気込みを感じました。
チョ・ヨンチョルとのコンビはまずまずですが、マルシオとの息が・・・。
そう簡単には行きませんね~攻撃が停滞したのもその辺が問題かしら?
守備ではフィジカルの強さを活かし、安心して観ていられました。
後半松尾との交代となりましたが、鈴木淳はどちらを評価したでしょうか?
攻撃面では松尾、守備では高徳といった感じですね。
 
試合はスコアレスドロー。
これっ!といった見所も無く。ピンチも無く。
淡々と過ぎていった印象です。ゴール裏のコールも途切れがち・・・。やたら静か
「タイトル奪取」が今シーズンの目標でしたが早くも一個目がピンチ。
私含めサポもイマイチ・テンション上がらず、選手も連戦の疲れもあってか?
ピリッとしない試合ぶり。結局「やっぱりナビスコカップだな~」と思ってしまいました。
なぜテンションが上がらないのでしょう?
決勝トーナメントに進んだことがないから?その先の栄光とか感動を体感していないから
何が何でも予選突破!という気持ちにならないのかも知れません。
 
攻撃は停滞気味。
やはり4-3-3は貴章・大島・ペドロあってのシステム。
1枚でも欠けると魅力に欠けます。
停滞すればするほどペドロやジウトンの弾離れが悪くなります。
ただ得点の匂いがしたのもペドロの突破だったりするわけで、DF2人くらい平気で引きずってた
まわりの動き出しとかがやはり足りないのでしょうか。
 
なんだか早くも失速気味?ですが4/4のマリノス戦までにはもう一度立て直して
完勝を望みます!!
スカッとさせてくれ~
 
 
 
 
 
 
広告