アルビユースの敗戦を引きずったままサテライトの会場、市陸へ移動。
 
毎度のことですがサテライトに過度の期待は禁物・・・。
まったり観戦モードです。
 
メンバー     川又
     ヨンチョル  亜土夢
       純マーカス 三門
          千葉
    中野 大野 大輔 高徳 
          東口       サブ・・・ブルーノ、明堂、武宰士、泰広
GKサブに渡辺泰広っていつの間に移動したのじゃ!?UPもしっかりやってお疲れさま~
黒河はどこへ?セカンドGKにも実戦経験を与えなくていいのでしょうか?
レッズは堀之内、平川、エスクデロ、原口ら豪華メンバー。層の厚さがうかがえます。
 
アルビは一応4-3-3らしいがトップとは全然ちがう・・・。
トップの川又がまったくキープできない。大島のありがたみを感じます。
浦和のコンビネーションが鮮やかで見惚れっぱなし。
28分右サイドをきれいに崩され失点。
失点してもアルビはピリッとしません。
どうみてもスタメン組との差を感じてしまいます。
 
そんな中でもGKの東口。反応の良さ、フィードの良さが光ります。
勇気を持った飛び出し、実際 序盤に接触もありましたがその後も果敢に飛び出してました。
線はまだまだ細いですが、身体のしなやかさを感じました。
2年後に渡辺泰広が順調に成長してトップ昇格を果たせば、アルビのGKは当分安泰かも。
 
後半開始から大輔OUT奥山武宰士IN。
千葉がセンターバック、武宰士が左サイド、純マーカスがアンカー。
武宰士が入り中盤でタメができ、ヨンチョルの突破力が活きてきます。
武宰士のトラップ、キープ、パス~その姿はマルシオリシャルデス
サテライトの「マルシオ」と化してました。
この間まで聖籠のピッチそばで応援していたのに、なんだか遠い存在になっちゃたのね~
意表をつくスルーパスにFWも反応できません、ツーカーの泉澤仁が居たら決めちゃったかも・・・。
プリンスリーグに出ていたらな~いかんいかんもうトップの子ですから・・・。
 
その後川又OUTブルーノIN。ブルーノのプレイスタイルはよくわかりませんでした。
中野OUT明堂IN右SBへ。洋司・・・やばいよ、攻撃的でもなく守備的でもなくミス多し。
明堂の攻撃的姿勢はチームに活力をあたえました。
 
注目のルーキー三門。
後半の運動量は見事です。前線でフォアチェックしたかと思えば、最終ラインのカバー!
全員守備・全員攻撃のチームスタイルにはピッタリの男ですね。
今後も期待します。
 
試合は攻勢をかけましたが得点を奪えず0-1で敗戦となりました。
2試合連続敗戦。さらに無得点とさんざんな1日がっかり
天気が良かったことだけが救い。
さあ来週12日はプリンスリーグ第2節北信越リーグ開幕戦です。
彩翔を応援し、ユースを応援してきます。