行ってきましたサテライト山形戦。
結果はスコアレスドロー・・・内容も乏しく、木暮の負傷のおまけ付き・・・散々でした。
 
 
メンバー
             川又
       木暮         亜土夢
         ヨンチョル 三門
            純マーカス
        中野 大野 鈴木 松尾
              東口       サブ・・ブルーノ、明堂、奥山武宰士、渡辺泰広
 
千葉は聖籠で居残り練習?してました。ハードな内容でしたので別メニューとは違うでしょう。
ヨンチョル・松尾など豪華メンバー。
山形はサブはすべてユースの選手、FW、MFにユースがスタメン出場。
台所事情が苦しそうです。
会場にはファビーニョ、ジウトン、鈴木監督、山形の小林監督の姿もありました。
 
試合はひいて守る山形を攻めあぐねるアルビ。
ヨンチョル、亜土夢が裏へ抜けたりチャンスをつくりますが、肝心のフィニッシュがダメ。
両チームとも中盤のミスからボールを奪われカウンターの応酬。
バタバタ、ガチャガチャしていて、とても高いレベルの試合とは言えません。
目に付いてしまったのが純マーカス
運動量なし、攻撃の基点になれずパスは意図がわからず・・・。
勲の働きっぷりからくらべると「やる気あるの?」と思ってしまうくらい酷かった
ポジショニングが中途半端で中盤がスカスカ。とても勲のバックアップは勤まりません。
さらに中野。簡単に裏を取られてしまう、クロスの精度なし。
観戦したジウトンが安心してしまう内容でした。
川又はポストはダメ、シュートの技術なし、フォアチェックに行けばファール・・・。
 
代表召集の貴章の穴を埋めるのはヨンチョルか?
この日は別格、運動量豊富、ボールも失いません。ただ得点チャンスには決めてほしかった。
亜土夢の裏をつく動きも捨てがたい。
木暮は1列下がったポジションが活きそう、ただこの日の怪我の具合が心配です。
太ももの打撲のようです、いったんはピッチに戻りましたが試合後は担がれて退場しました。
 
後半から奥山武宰士が三門に代わり出場。
三門はコンディションがまだなのでしょうか?ただアグレッシブな姿勢は見えました。
アンカーのポジションを純マーカスと競わせるべきでしょう、もったいないです。
奥山武宰士は判断の遅さが目立ちます。
期待が大きすぎるのでしょうか、ヨンチョル・木暮と比べるとスピードの差が歴然。
単純に走力ではなく、判断・ポジショニングなどトータル的にです。
まだまだ経験が足りません。
ただ、時おりハッとするパスで大きな展開を図る彼のセンスには驚かされます。
伸び悩み感がありますね・・・心配です。
後ろの席から武宰士のプレーに「遅いよ!」「戻すな!」とか声が聞こえるとこっちがドキッ!
まるで親父の心境でした・・・
 
試合はグダグダのまま終了。
しかし試合後の挨拶はニコニコ顔の選手たち。
うーん、あんなんで満足してるんですかね?あれが精一杯のプレーだとしたら
トップでスタメンは取れないでしょう。
 
 
今日はアルビユースBチームが出場する新潟県サッカー選手権(天皇杯予選)もあり
こちらは8-0で快勝。こっちに行っておけばよかったです。
実はクラブHPのスケジュール欄で、ユースの試合が11:30~聖籠となってました。
この時間ならハシゴが可能と思い11:00にアルビレッジへ。
しかしぜんぜんアップしている様子もなく、フットサル場で練習している八木選手に聞くと
「13:30からです」・・・やられた。新潟日報のトーナメント表では13:30~てっきり変更になったのかと
おもったのですが、クラブHPの誤情報でした。しっかりしてくれ~