ありがとう貴章~

コメントをどうぞ

今朝の新潟日報朝刊にて、貴章の残留が発表されました。
ホントにうれしかったです!!
 
ヨーロッパに行っても応援する。なんてきれい事言えません。
アルビレックス新潟には「矢野貴章」が絶対に必要なんです。
でも現在在籍している選手に一人も必要でない選手はいませんよ。
一昨日のスタジアムの雰囲気が、彼の心に残留を決意させたんでしょうね。
きっとそうだ、そうであってほしい・・・。

こうなったら優勝だ~~~!!!!

言っちゃった。
 
しかし厄介な代理人が、なんか変なオプションとか付けていそうで・・・コワイ。
 
 
 
 

平ちゃんの今日イチ!きたーっ!

コメントをどうぞ

スカパー・Jリーグアフターゲームショウ。
番組MCの平ちゃんこと平畠さんが、その日行われたJリーグの試合のなかから
これは!というシーンをピックアップする人気コーナー「平ちゃんの今日イチ!」。
ちょっとお笑いコーナーですが、私も毎回楽しみにしております。
 
28日の放送で取り上げられたのはアルビレックス新潟。
名古屋戦前半38分の大島・松下のダブルバイシクル!
マンガではありません!」と題して紹介してくれました。
解説の都波氏、MCの日比野真理さんも大うけ。
 
わたしも会場で見たとき「キャプテン翼かよ!」とツッコミをいれてしまったくらい
度肝をぬかれました~。
大島選手の「中央のメディアにとりあげるようにしたい」との公約。
まだまだ継続中~ってことでよろしいんでしょうか。なんてね
 
 
 
 
 
 
 
 

フェアプレーフラッグが泣いている・・・名古屋戦

3件のコメント

名古屋マギヌンの退場シーン。
アルビ選手の胸を突き飛ばすダビとストイコビッチ監督。
ストイコビッチ監督は自分の前のオレンジボトルをアルビベンチに投げたり、
黄色いマーカーを蹴飛ばしたり、副審に詰め寄ったり・・・。
フェアプレーフラッグが泣いてしまう行為の連続。
ビビッた?第4審判は見て見ぬ振り・・・。
指揮官があんなでは外国人選手はやりたい放題でしょう?
田中ハユマも相変わらずの荒っぽさ。サッカー少年には見せたくなかったです。
 
試合はアルビの完勝。
追加点の惜しいシーンもありましたが、楢崎がサスガでした。
日本代表GKが安定していると、なぜか安心でした・・・。
一方北野・・・プロ選手らしからぬファールもありガッカリ。
 
ペドロJrは得点がなくて、焦って持ちすぎるのか?
でも松下のゴールを自分のことのように喜んだり、良いヤツだな~
マギヌンの退場シーンで、胸を小突かれても気にせず「みんな!さあ給水しよう~」みたいな
ゼスチャーもしたりして、なんて冷静なんでしょう。
はやくゴールが生まれてほしいですね。
 
松下はナビスコ杯でのFW起用で得点感覚が向上しましたね!
1勝もできなかったナビスコ杯ですが、せめてもの成果かしら?
 
 
試合前は新津地区後援会総会。240人と過去最高の参加人数とかで3班にわかれて行動。
スタジアム見学ツアーにピッチ内練習見学も~。アルバムに載せましたのでどうぞ。
社長も総会に参加とのことで、聞きたいことは「貴章の契約について」。
ところが質疑応答では郡山地区の会員数減少だの、いまさらアシストプレスのWEB化反対!
だの・・・ど~でもいいじゃん!!
時間が無いので打ち切られそうでしたが、頑張って手を上げ続け質問できました。
まだ留意にむけた交渉の最中で、まだ発表には至らないようでした。
「無責任だ!」との野次も飛びましたが、代理人も含めた交渉が難航のもようです。
ペドロJrの契約など、まだまだ聞きたいことがりましたが「次の会議がある」とのことで
逃げるように帰っていきました・・・。
さらにサイン会はまだJデビューしていないブルーノ選手。
だから半人前を使うなっちゅ~うの!
握手と激励はしようかと思いましたが、はやくピッチ練習が見たかったのでスルー。
はやくプロデビューできるように期待してますよ!
 
暫定ですが2位キープ。
上位進出には矢野貴章がまだまだ必要
欧州移籍はもうちょっと待ってくれませんかね?
 
 
 
 
 
 
 
 

完勝!プリンスリーグ第9節

3件のコメント

プリンスリーグ第9節開志JSC戦が帝京長岡グランドにて行われました。
しかし、キックオフに間に合わず・・・。
クラブ公式HPは13:30Kick off。しかし実際は12:30・・・。
12:30過ぎにに会場到着しましたら既に始まってましたびっくり
相変わらず当てにならないクラブ公式HP。公式の意味がありませんね!
最初から富山県サッカー協会の日程表を信用しておけばよかったです。
 
アルビレックス新潟 4-1 開志学園JSC
                    佐野  1-0
              泉澤x2 小底   3ー1
 
メンバー   
          平松宗 泉澤仁
  八木裕  福原嵩人 中村樹  田中僚
   石井達 永山祥大 玉川皓太 佐野奨大
            渡辺泰広           サブ・・・佐藤、石塚、五反田、小底、斉藤、見田、大下
 
渡辺泰広が代表から帰ってきて久々のスタメン。
気温は30度超え、人工芝ピッチ上には陽炎が立ち昇ります。
どうも試合途中からの応援のため、なかなか試合に入れない私。
五分五分の展開か?
34分田中僚のFK。強烈なシュート性のキックをGKが弾く→佐野奨大が押し込み先制!
前半は1-0。
ハーフタイムに昼飯を食べ、気合を入れなおした私。
後半開始です。
5分ドリブルで駆け上がった泉澤仁、そのままシュートを放ち2-0。
ホッとしたのか3分後にFKから頭でそらされ失点・・・2-1。
この得点で勢いの出た開志JSCに押し込まれます。
永山祥大を中心に最終ラインがふんばります。
渡辺泰広も好セーブ!
11分、佐野奨大のセンタリングを田中僚がヘディングシュート→クロスバー直撃!惜しい。
15分玉川皓太にアクシデント、石塚鉄也が入り石井達がセンターに入ります。
さらに佐野奨大が脚を攣らせて五反田耕介IN。なんと最終ラインが永山祥大以外チェンジ。
不安を覚えましたが、交代選手が集中し試合に入ってくれました。
八木裕OUT斉藤恭志IN。
福原嵩人OUT小底朝陽IN。田中僚がボランチへ。
38分右から斉藤恭志のセンタリング→小底朝陽が頭で合わせてゴール!3-1。
41分右サイドの低い位置で斉藤恭志がボール奪取→平松宗→田中僚→最後は泉澤仁がゴール!
流れるような連係で4点目をあげました。
泉澤仁OUT大下健太IN。ドリブル突破でチャンスも作りました。
試合はそのまま4-1で勝利です。
 
完勝といって良い内容。交代選手がキッチリと役割を果たし、層も厚くなってきました。
選手間でもしっかり声を掛け合い、集中を保ちます。
驚いたのがFW平松宗が絶えず声を出していたこと。自信のあらわれでしょうね。
ボランチの中村樹からもよく聞こえました。
セカンドボールもよく拾え。フィジカルの強さを活かせてます。
昨季アルビユースの躍進は、ボランチ小林誠の「セカンドボール奪取」にあったと思いますので
鍵はボランチが握っているでしょう。相棒の福原嵩人が今日は消えがち・・・頑張れ~
田中僚も絶好調。ピッチ脇でしたので「愚痴」も聞こえましたが、それは味方にしっかり伝えよう。
 
 
ただ慢心してもらっては困りますので、あえて苦言を。
パスミスの多さ。
パスカットからカウンターを度々浴びピンチに。相手の決定力の無さに救われました。
攻撃が泉澤仁に頼り過ぎ。
泉澤仁のサポートが遅れ、孤立しがち・・・。
なんとか泉澤個人で打開できてしまうが、それにより遅攻になってしまう。
他の選手が追い越す動き、ディフェンスラインの裏を突く動きも欲しいところ。
渋谷亮輔が調子をあげてくれば期待できそうです。
 
試合後はBチームが練習試合。
帝京長岡、開志JSCと3チームが次々と試合していきました。
小林慶選手が怪我から復帰。柳田航選手も走れるようになって副審を務めます。
マッタリと見ていたので、これ!といったシーンはありませんでしたが、
西村龍馬のセンターバックは良いですね。高さ強さ速さ申し分なし、あとはヨミの良さか?
DF歴が短いようなので実戦あるのみ!でしょうね。
 
2位北越が帝京長岡に1-4で敗れましたので、アルビは帝京長岡と勝ち点で並ぶ
得失点差で2位です。
星稜も勝ちましたのでなかなか差が縮まりませんなぁ~
のこり2試合、意地でも2連勝だ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

プリンスリーグ第9節速報

コメントをどうぞ

アルビユースは開志に4-1で勝利。

帝京長岡は北越に4-1で勝利。

得失点差で2位になりました。詳細は後ほど~。

ユースBチーム練習試合

コメントをどうぞ

五十公野からアルビレッジへ移動。
サテライトの練習試合が東海大学と知り、もしやユースOBの福田くんが来ているのでは?
との期待とユースBチームの練習試合が目当てです。
 
サテライトの練習試合は人垣が凄かったです~。
そんななかから見覚えのある青年と目が合いました。経営大学に進学したユースOBの結城くんでした。
わざわざ挨拶にきてくれ「会場で見かけましたが、なかなか挨拶できずスミマセン」って。
良いんですよ~勝手に応援しているだけなんですから。でもうれしかったですスマイル
相変わらずの礼儀正しい好青年でした。
 
引き上げる東海大メンバーを追いましたが、福田くんは確認できず・・・。
まだまだ遠征メンバーには選ばれませんでしたか・・・。関東1部リーグのメンバー表には入ってましたよ。
ちょうどそのときファンサエリアでは大野、亜土夢、千葉がファンサービス中。
しばらくすると広報の栗原氏が「選手はそろそろ切り上げます~」と選手を引っ張っていきました。
私が栗原氏のサッカー講座で提案したことが活きてましたね。なんちゃって~
暑い中水分補給も必要ですし、炭水化物もとらなければ疲労回復ができません。
栗原氏にはこれからも悪者になってもらいましょう。 
大野くんにデビューのお祝いを言いたかったんですが、我慢しました。
 
サテライトにはユースから泉澤仁、中村樹、田中僚が召集。
ユースはAチームが上武大学に遠征中。人数が足りてるのか心配でした・・・。
ユースBチームは開志JSCのBチームと対戦。控えはGKの松井くんのみでしたが
後半から中村樹、田中僚、泉澤仁が参加。
この3人はレベルが違ってました。
FW渋谷亮輔も元気なプレーを見せ「ホッ」。来週のプリンスリーグには間に合いそう。
いい切り札になりそうです。
注目の長身センターバック西村龍馬も出場。脚の速さも見せ、ますます期待が膨らみます。
試合は40分x2本で4-0で勝利でした。
 
ただ相変わらず大人しい印象。永山主将がいなくても
俺が引っ張ってやる」っー選手が出てきてほしいですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

耐え切れず・・・レディースvs日テレ

コメントをどうぞ

本日はレディースの日テレベレーザ戦。
五十公野へ行ってきました。「あやめ祭り」とのことで駐車場はほぼ満パイ。
遠く離れた場所に駐車です。
 
アルビのメンバー
       菅澤    大石
         上尾野辺 
  小原     川村     法師人
   山本  詫間  東山  波佐谷
          大友          サブ・・・諏訪、斉藤、口木、中村、井上
東山復帰。小原、大石は初めて見る選手。
試合開始。
個々の能力に優れるベレーザ、さすがのパスワーク。
しかし、アルビのプレスも素早く・機能します。飛び込むとかわされるのでコースを切り
隙を見てボールを奪取します。
さすがのベレーザがパスの出しどころに困るシーンも目立ちます。
11分アルビのCK。混戦の中、川村が押し込み先制!
2度3度とシュートを放ち、執念で押し込んだ!
しかし・・・3分後右サイドを崩されあっさり同点・・・。
 
さあここから。
アルビは気落ちしません。波佐谷のチャージはスタンドまで衝撃音が聞こえました
ファールにはなりましたが、気持ちのこもったプレーです。
前半は五分五分のまま終了1-1。
 
後半ベレーザは小林弥生IN、ボランチへ。
この交代がベレーザを活性化。前線に鋭いパスを繰り出されました。
4分GKからのパスをベレーザに拾われミドルシュートを浴びる~しかしクロスバー!助かった。
16分菅澤OUT口木IN。2TOPが同じポストタイプだっただけに変化を求めます。
18分早速口木がライン裏へ抜け出しGKと1対1!しかし戻ったDFに寄せられ万事休す・・・。
ベレーザに押し込まれ苦しい展開。
トップ下の上尾野辺が守備に追われ低い位置に、攻撃に絡めません。
そんな中センターバックの詫間美樹選手。インターセプトの意識が高く出足が素早い。
ヘディングの高さもあり、前回とは見違えるプレーでした。
26分法師人OUT中村IN.
根気良く守るが暑さのためか、脚が止まる。クリアも小さく波状攻撃を受けてしまう。
ベレーザのシュートが枠をはずれ助かってます。
33分巧みなトラップで裏へ抜けたベレーザFW、しかしGK大友がファインセーブ。
39分今度はポストに救われる・・・。
なんとか持ち堪えられるか?
アルビもカウンターのチャンスも得るが疲労からか?判断が遅く、トホホなパスが・・・。
43分左サイドでボールを奪われトップの大野忍へ~これを確実に決められた~!!
1-2・・・。耐え切れませんでした
アルビは諦めずに1点を追いますが、及ばず試合終了。
残念、残念です号泣
 
しかしサッカーの内容は確実に上がっています。
押し込まれた時間帯でも、単純に遠くに蹴り出すクリアよりもパスを繋ごうとする姿勢は
今後に活きてくることでしょう。
 
残念なのは客席の多くが理解していないこと・・・。
後ろのオッサンたちはウイスキーの水割り?を作りながら
「下手だな~」「遠くに蹴り出しゃいいんだよ」「やっぱ女は・・・」
聞くに堪えませんでした。
そのほかの席からも「あ~」だの溜め息が多すぎ・・・。
雰囲気が悪くなる一方です。
こちらは昨季からさっぱり変わってませんワ。
シーズン終盤にはこんな輩を黙らせるプレーを彼女たちに期待します。
きっとやってくれるでしょうウインク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Older Entries