本日はレディースの日テレベレーザ戦。
五十公野へ行ってきました。「あやめ祭り」とのことで駐車場はほぼ満パイ。
遠く離れた場所に駐車です。
 
アルビのメンバー
       菅澤    大石
         上尾野辺 
  小原     川村     法師人
   山本  詫間  東山  波佐谷
          大友          サブ・・・諏訪、斉藤、口木、中村、井上
東山復帰。小原、大石は初めて見る選手。
試合開始。
個々の能力に優れるベレーザ、さすがのパスワーク。
しかし、アルビのプレスも素早く・機能します。飛び込むとかわされるのでコースを切り
隙を見てボールを奪取します。
さすがのベレーザがパスの出しどころに困るシーンも目立ちます。
11分アルビのCK。混戦の中、川村が押し込み先制!
2度3度とシュートを放ち、執念で押し込んだ!
しかし・・・3分後右サイドを崩されあっさり同点・・・。
 
さあここから。
アルビは気落ちしません。波佐谷のチャージはスタンドまで衝撃音が聞こえました
ファールにはなりましたが、気持ちのこもったプレーです。
前半は五分五分のまま終了1-1。
 
後半ベレーザは小林弥生IN、ボランチへ。
この交代がベレーザを活性化。前線に鋭いパスを繰り出されました。
4分GKからのパスをベレーザに拾われミドルシュートを浴びる~しかしクロスバー!助かった。
16分菅澤OUT口木IN。2TOPが同じポストタイプだっただけに変化を求めます。
18分早速口木がライン裏へ抜け出しGKと1対1!しかし戻ったDFに寄せられ万事休す・・・。
ベレーザに押し込まれ苦しい展開。
トップ下の上尾野辺が守備に追われ低い位置に、攻撃に絡めません。
そんな中センターバックの詫間美樹選手。インターセプトの意識が高く出足が素早い。
ヘディングの高さもあり、前回とは見違えるプレーでした。
26分法師人OUT中村IN.
根気良く守るが暑さのためか、脚が止まる。クリアも小さく波状攻撃を受けてしまう。
ベレーザのシュートが枠をはずれ助かってます。
33分巧みなトラップで裏へ抜けたベレーザFW、しかしGK大友がファインセーブ。
39分今度はポストに救われる・・・。
なんとか持ち堪えられるか?
アルビもカウンターのチャンスも得るが疲労からか?判断が遅く、トホホなパスが・・・。
43分左サイドでボールを奪われトップの大野忍へ~これを確実に決められた~!!
1-2・・・。耐え切れませんでした
アルビは諦めずに1点を追いますが、及ばず試合終了。
残念、残念です号泣
 
しかしサッカーの内容は確実に上がっています。
押し込まれた時間帯でも、単純に遠くに蹴り出すクリアよりもパスを繋ごうとする姿勢は
今後に活きてくることでしょう。
 
残念なのは客席の多くが理解していないこと・・・。
後ろのオッサンたちはウイスキーの水割り?を作りながら
「下手だな~」「遠くに蹴り出しゃいいんだよ」「やっぱ女は・・・」
聞くに堪えませんでした。
そのほかの席からも「あ~」だの溜め息が多すぎ・・・。
雰囲気が悪くなる一方です。
こちらは昨季からさっぱり変わってませんワ。
シーズン終盤にはこんな輩を黙らせるプレーを彼女たちに期待します。
きっとやってくれるでしょうウインク