粘って粘って勝ち点3!!

1件のコメント

 
JFAプリンスリーグ北信越2010Division1 第5節 JAPANサッカーカレッジグランド
 
アルビレックス新潟ユース 3-2 星稜高校
                           早川   1-0 
                           早川x2 2-2
メンバー
         平松宗 川口尚紀
  早川史哉              斉藤恭志
         福原嵩人 石井達
  中村樹  玉川皓太 西村竜馬 田中僚
            川口雄司 
 
サブ・・・松井、伊藤、福嶋、大下、見田、小底、井上、加藤、依田
 
会場に着いたら強風と雨。気温も低くコンディションは最悪。
ただサッカーカレッジの学生さんがテントを用意してくれ、なんとかしのげます。
メンバーは前節より西村竜馬が入った以外は変わらず。
前半風上に立ったアルビユース、立ち上がりから攻勢をしかけます。
9分左サイドから早川史哉がドリブル突破→左足グランダーのシュートがゴールの隅に突き刺さる!
先制~~~濡れたピッチを考え球速の速さを活かした!!
12分福原嵩人のFK→見事なカーブを描いて右隅へ→GKセーブ
この後から徐々に星稜のペースに。
再三のピンチ!しかしゴール前でアルビは身体を張ります。
雨で足を滑らせる選手が続出。それもゴール前ですのでヒヤヒヤします。
星稜は右サイドハーフ⑦番の選手が基点、小柄ですがテクニックと運動量が怖い。
アルビの左サイドを破られセンタリングを上げられます。
前半はなんとか凌ぎ1-0で終了。
 
後半メンバー交代なし。
立ち上がりから星稜の攻勢。
しかし11分またもや早川史哉が左サイドを突破。今度は右に持ち替えてのシュート。
これが見事に決まって2-0!!
勢いに乗るかと思いきや、15分に失点。左からのセンタリングをきれいに頭で合わせられた。
さらに20分、中央をひとりふたりとかわされあっさりと失点・・・同点とされます。
この直前にナイスセーブを2発魅せた川口雄司もこれは防げず、嫌なムードが漂います。
大下健太IN斉藤恭志OUT
井上丈IN福原嵩人OUT
36分井上丈のシュートはポスト直撃~跳ね返りを誰かがつめたが相手DFにクリアされた。
38分星稜のシュート→これもポスト直撃→跳ね返りを押し込まれたがオフサイド~助かった。
このまま同点??失点してしまうのか??しかし
42分アルビCKのチャンス!井上丈のキックはインスイングでゴールに向かう→
長身の選手につり出された星稜DF→背後でフリーの
早川史哉が決めた!!!3-2。
ハットトリック達成!ようやく本領発揮か?
前節、ミスが多いだのなんだの言ってゴメンナサイ。やっぱり頼りになるよ~。
思わずピッチ際まで出て声をかけるとガッツポーズで応えてくれました。ただしピッチから出た?ので警告もらってました・・・
ロスタイムを含め5分、星稜の反撃を凌ぎきり見事勝ち点3をゲット!
2位へ躍り出ました。
粘って粘って耐えたうえでの勝利と言えるでしょう。
次節は5月3日。首位の富山第一高校との直接対決。
前回の屈辱をはねかえし勝利し、首位を奪取しよう!!
 
ここであえて苦言を
集中の欠けた淡白なプレーが多い。
玉川皓太や中村樹が声を欠けたあとは球際の激しさが出るが、それが長く続かない。
星稜は2点ビハインドでも全然へこたれない。4分で追いつき、5分で同点。
その集中力は見事です。
90分通しては厳しいかもしれないが、あえて要望します。
 
セカンドボールが拾えない。
前半の攻勢時はボランチの石井達がセカンドボールを拾えて、相手にも激しく当たれていた。
しかし守勢に回ると下がり過ぎるのか?存在感が消えてしまう。
後半途中には中村樹とポジションチェンジ。ベンチの指示かわかりませんが
なんとか反撃をしのげた要因かもしれません。
相方の福原嵩人が攻撃的にサイドに流れたり、裏へ飛び出したりとチャンスメイクに
力を発揮していますから、守備的な役目を担うボランチが必要かと。
石井達に期待をこめます。
 
川口尚紀を活かせ。
驚異的なキープ力・突破力を発揮しつつあるFW川口尚紀。
ただ、さすがにひとりではキツイ。なんだかサポートが遅く孤立気味。
ワンツーパスでライン裏に飛び出したり~とか見たいゾ。
川口尚紀も遠慮しないで、試合中でも「ここに出せ」「ここに動いてくれ」と要求したらいいのに。
 
あと3日。
富山第一戦へ向けてしっかり準備をしてほしいですね。
がんばれ~アルビユース!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広告

試合速報

コメントをどうぞ

プリンスリーグ第五節。アルビユースvs星稜は3-2。
粘って粘って勝利を掴みました。

詳細は後ほど~

緊急出動!

2件のコメント

 
当初予定のなかった神戸遠征。
行きたかったのですが予算だのなんだの、諦めてました。
しかし、広島戦の試合後唐突に「神戸に行って応援しなければ!!」
との想いにかられます。
とはいえ関西へは観光バスではキツイ。トイレの心配もある。
では、と高速路線バスを検索しましたが空席は無し!
ところがおととい1席づつ空席が出ました!!
これは「神戸へ行ってきなさい」とのお告げ??すかさず予約いれちゃいました~
 
三条から出る「越後交通」のバスでした。
ただし終点がJR堺市駅前・・・どこ??その他も南海電鉄の駅前。
路線検索しましたが、徒歩で駅を移動したりと難解なもの・・・。
結局「京都駅前」で降りて、JR1本で神戸まで移動することにしました。
今日乗車券を発券し、ビジターチケットも購入。
急に決めましたので夢を見ているみたいですが、
5月1日の13:00にはホムスタで応援の声を出していることでしょう。
次こそ!次こそ勝利だ!!!
 
 
大宮が監督交代。
鈴木淳か・・・。
 
もう監督交代は無しだね。まったく新たな監督ではリスクが大きすぎるでしょう。
ただ、広島戦後半、失点間際の交代選手の手際の悪さは
あまりにもお粗末。
不安は残りますね~
 
 
 
 
 
 
 
 

勝ち点2をロス

1件のコメント

 
2010JFLプリンスリーグ北信越・第4節
 
アルビレックス新潟ユース 1-1 北越高校
                                早川  1-1
 
メンバー
        平松宗  川口尚紀
 早川史哉              斉藤恭志
        福原嵩人 石井達
   中村樹 伊藤航希 玉川皓太 田中僚
            川口雄司 
 
3年生が戻ってきました、GK渡辺泰広はようやく全体練習に参加した模様。
試合にはまだまだ出られないとのこと、ところでユースの試合には出るのですかね?
センターバックは1年生の伊藤航希、西村竜馬は怪我?会場に姿が見えませんでした。
 
立ち上がりから勢いをもって攻めるアルビ、
4分川口尚紀が右サイドをドリブルで突き、ペナルティエリア内に侵入→センタリングを早川史哉があわせて
先制~
いつもまったりと試合に入るイヤミアルビユースですが、この先制点で勢いに乗ります。
対して北越は前節の試合でみたディフェンスの堅さがありません。
センターバックの選手が早くも「ちゃんとヤレ!」とキレぎみ。
ここは畳み掛けるチャンスでしたが、追加点を決めることが出来ません。
福原嵩人のクロスバー直撃FKなど、惜しいシーンが連続。
26分北越のボランチの選手が2枚目のイエローカードで退場。
ますますアルビユースの優位となりますが、なぜかトーンダウン。
もしかしていつでも得点できると油断したのでしょうか?
42分FKを頭で合わされ失点。1-1。
GK川口雄司もパンチングしたのですが弾ききれず・・・。強風の影響もあったのかも。
嫌な流れで前半終了。
 
後半メンバー交代なし。
勢いに乗って攻め込みたかったのですが、10人の北越にしっかりと守られ
カウンターで肝を冷やします。ここに来て北越の堅い守備がもどってきた。
人数が少ない分ゲームプランが簡単になったこともあるでしょう。
徐々に運動量が落ちるアルビ・・・選手交代に懸けます。
22分平松宗OUT大下健太IN
33分福原嵩人OUT見田薫IN
??分玉川皓太OUT福嶋竜二IN
40分石井達OUT小底朝陽IN
 
左SHの早川史哉がチャンスを作りますが、最後のトラップやパスといった場面でミスが出て
シュートまで繋げられません。
早川史哉に期待が大きい分、イージーなミスの多さにガッカリしてしまいます。
代表遠征の疲れ?ケガ?コンディションが悪いのか昨季よりキレがありません。
終了間際に見田薫がライン裏に飛び出しGKと1対1になるが、
シュートはゴールマウス横をかすめてしまいジ・エンド。
 
痛い痛い引き分け。
勝ち点1に終わり、2点ロスしてしまった。
課題のゲームの入り方はよかった、先制もできた。
しかし
油断はあったでしょう、そして追いつかれ徐々に焦り出す悪いパターン。
こんなはずでは・・・とさらに焦りスタミナロス・・・。
選手はチャンスを逃して天を仰ぐ時間が長すぎる。
悔しがってる暇があったらボールを奪い返せ!ディフェンスに戻れ!
次のチャンスに燃えろ!
「勝ちきれない病」がトップチームからユースにも伝染してしまったのか???
2日つづけての悪夢にへたり込んでしまったきむジイ。
激しい頭痛にも襲われました・・・昼飯をたらふく食べたら治った!
 
高円宮杯出場に向けて、負けられない試合は続きます。
次節は4月29日10:00~JAPANサッカーカレッジグランドにて星稜高校戦です。
直接対決で上位を叩く!!
2回総当りリーグ戦が逆にラッキーじゃないか!
ポジティブに考えよう!!
 
闘え!アルビユース!!
最後にSMILEだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

試合速報

コメントをどうぞ

プリンスリーグ第四節。アルビユースvs北越は1-1の引き分けに終わりました。

先制し北越に退場者が出たにも関わらず、追い付かれる頂けない試合…。

あまりのショックに頭が痛い…。

勝ちが遠い・・・広島戦

コメントをどうぞ

 
選手は気迫あふれるプレーを見せてくれた。
サポも前向きに、選手を励ました。
会場からは常に拍手が沸き起こっていた。
それに勇気づけられる選手。
 
まさに理想的なスタジアムの環境。
「今日こそ勝てる」そんな予言めいたものまで感じられました。
 
しかし・・・・
終了間際に痛恨の失点。
勝ちが遠い、遠すぎる。
 
昔、ガンバの西野監督を
「このスタジアムには何かがある」と言わしめたが。
その何かは今、何故アルビに味方をしてくれないのだ???
 
引き分けの瞬間、身体のあちらこちらから異変が起きました。
もう寝ます。
明日はユースも大一番。
落ち込んでいる場合ではないのですが・・・。
 
 
 
 
 

明日こそ!

コメントをどうぞ

 
明日はホーム広島戦。
きむジイはなんと出勤土曜日!
しかし「日程くん」が考慮してくれたらしく(ウソ)ナイトゲームですよ!
新入社員歓迎会がありますがブッチして清五郎へ向かいます。
 
なんとか1勝、まず1勝。
サポも頑張りましょう!
 
後ろ向きなヤジを封印しましょう。
たぶんヤジを飛ばす人は「俺はサッカーにくわしいんだぜ~」とアピールしたいんでしょう。
わかりましたから・・・、
サッカーに詳しいなら「好守の切り替えの速さ」は大事ですよね、サポもどんどん切り替えていきましょう。
良いプレーには拍手を!声援を!
失敗しても次だ次!!
「あ~」なんて言ってる暇はありません。
「下手くそ~」なんて論外です。
拍手拍手、選手をノセて行きましょう!
 
あとはゲン担ぎでレプリカの洗濯もいいですよ。
きむジイは浦和戦のあと、レプリカ・タオルマフラー・ユース用のセカンドレプリカを洗濯。
するとどうでしょう!ユースは連勝ですよ!
トップもナビスコ勝利、名古屋戦追いついた
今から洗濯  どうです?!
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Older Entries