しびれた~

コメントをどうぞ

 
日本代表ベスト16で散る。
惜しかったですが、このチームが始動したのが大会直前だったわけで
チームは未完成ですからこの結果は仕方が無いのかも。
 
試合自体はシビれました~
「感動をありがとう」なんていう気はありませんがね・・・。
試合後のオシム氏のコメントがチョー辛口で面白かったです。
「リスクを犯さない、負けない試合」
バッサリ。
 
さあJリーグも再開です。
この機会にJリーグ(アルビ)も盛り上がってほしいなあ~
TV観戦では味わえない、スタジアム観戦の醍醐味を一人でも多くの人に
体感してもらいたい。
それにはアルビがいいサッカーをして、勝つことが重要ですね。
 
 
アルビレックス新潟ユース単体での参加はありませんでした。
お詫びして訂正いたします。
さて誰が新潟県選抜に選ばれるのでしょうか?
早川史哉は代表ですかね?
スロバキア代表、メキシコ代表って去年と同じみたいですが・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広告

満足してません!

コメントをどうぞ

 
JFAプリンスリーグ北信越2010 Division1は第9節。
ホーム最終戦になりました(帝京長岡グランドですが・・・)。
 
アルビレックス新潟ユース 4-1 北越高校
                     斉藤、平松    2-1 
                     井上、田中    2-0 
メンバー 
         平松宗 川口尚紀
 早川史哉               斉藤恭志
         石井達 大下健太
  宮内翔 西村竜馬 福嶋竜二 田中僚
           渡辺泰広 
 
サブ・・・川口、見田、井上、江崎、依田、小底、玉川 
 
平松宗、川口尚紀、早川史哉といった前線のタレントが復帰。
攻撃陣の爆発が期待されます。
一方で好守の要、ボランチの中村樹が累積警告で出場停止・・・。
キックオフから10秒、斉藤恭志が相手GKの位置を見てロングシュート!
これが見事に決まって先制~
勢いに乗るかと思いきや、安心したのか?ピリッとしません。
両ボランチのパスが精度を欠き、ボールロストも多く展開力がありません。
15分ゴール前の混戦から平松宗が決めて2-0。
これも決して相手を崩したわけではありません。
21分ミドルシュートを浴び失点。2-1。
アルビの最終ラインは北越のサイドからセンターへ入る斜めの動きを捕まえきれず、
ピンチを生みます。しかし決定力の無さに救われました・・・。
前半終了2-1。
 
ボランチの強化のためか福原嵩人IN西村竜馬OUT。
福原嵩人がボランチ石井達が最終ラインに入ります。
しかしこの交代も流れを変えられず、
後半は攻めれっぱなし・・・
ボールを奪っても、判断の遅さやプレッシャーの強さにより前を向けません。
簡単なバックパスをミスし、苦し紛れのロングボールは精度を欠きます。
選手の動きも少なく、パスコースが無い様子。
川口尚紀はキープ力も突破力も無し。早川史哉は消えてます。
コーチングの声も少なく、まるでリードされているかのような元気の無さ・・・。
ベンチが動きます。
19分斉藤恭志OUT井上丈IN。
とにかく縦横無尽に動き回り、チームを活性化。
この「流れを変えるには何をすべきか」の状況判断能力はとても1年生とは思えません。
34分川口尚紀のキープから中央に切れ込んだ井上丈がシュート!見事に決まって3-1。
38分石井達OUT玉川皓太IN。最終ラインからのコーチングの声がチームを引き締めます。
40分井上丈から右サイドを駆け上がった田中僚へパス→そのままの勢いでゴール!4-1。
前節は外しまくった田中僚ですが、貴重なダメ押し弾。
低調なチームの中、声をかけ続け動きまくった賜物でしょう。
 
試合は結局4-1で勝利。
交代選手の活躍で最終的には完勝ですが、中だるみは酷かったです。
1戦1戦大事に闘ってもらいたいものです。
 
来月はクラブユース選手権があります。
全国大会での力試し、3年生にとっては大事な進学活動です。
どこぞの大学のスタッフの目に留まり「ウチに来てくれ」と誘われるかも知れません。
泉澤仁のように。
その前には国際ユース大会IN新潟があります。
今年はアルビユース単独で参加する模様、世界との闘いもあるでしょう。
気を抜いている場合ではないはず、
プリンスリーグの後に練習試合もありましたが、怪我明けの左SB・石塚鉄也がパワーアップし
好調なようで、スタメン争いも激しくなるでしょう。
日本代表ではありませんが、闘える選手が一人でも多く必要です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

試合速報

コメントをどうぞ

本日行われたプリンスリーグ第9節。
北越高校との試合は4-1で勝利しました。
スコアは完勝ですが内容はイマイチピリッとしません。
ちょっとガッカリ。

勝った~

コメントをどうぞ

 
勝ちましたね!日本代表!
見事な勝利、完勝でしょう~
 
守備のバランスが完璧。後半押し込まれたけど・・・
変な交代も無かったし
願わくば貴章が見たかったです。
決勝トーナメントもありますし、次に期待ということにしておきましょう。
 
早起きした甲斐がありました。
しかし眠い・・・・。ここで寝たら起きられんな
 
 
 

初観戦Jrユース

コメントをどうぞ

 
今日はアルビレッジへJrユースの試合を観戦してきました。
クラブユース選手権(U-15)新潟県予選決勝トーナメント・準決勝
 
アルビレックス新潟ジュニアユース 3-1 FC五十嵐Jrユース
 
これが初のJrユースの試合観戦でした。
9分CKから先制。
30分FKから失点・・・、弾丸ライナーがネットに突き刺さった~
後半4分アルビ勝ち越し2-1。
34分右サイドから切り込んでゴ~ル3-1。
 
得点経過を見ると楽勝のようですが、内容はどうもピリッとしませんでした。
体格(上背)ではかなり勝ってますが、球際で負けています。
チーム全体がおとなしい、淡白。主導権は握りますがゴールに迫るにつれスピードが落ちる。
メンバーを落しているのかとも思いましたが、そうでもないらしい・・・。
平岡監督がキレてました!
身体のキレが無いというか、瞬発力・瞬間的なスピードに欠ける印象です。
以前にユース選手のお父さんから聞きましたが、身体の成長にコントロールがついていかない時期が
あるそうで、今がまさにそんな時期なんでしょう。
 
そんな中で目についたのが右サイドハーフ17番の選手。
上背はありませんが、ドリブルとテクニックで切り崩します。
34分のゴールは彼の突破から。タクヤとコールされてましたから廣澤拓哉選手でしょうか?
彼も淡白なところがあって、ボールを取られてもあっさりしちゃうんですけどね~
試合は3-1で勝利。これで北信越大会へ駒を進めることになりました。
 
決勝まで時間がありましたのでJAPANサッカーカレッジグランドへ。
北信越フットボールリーグ JSCvsアンテロープ塩尻はちょうどハーフタイム。
スコアは2-1でリード中。
マッチデープログラムによると、土井良太が3試合連続ゴール中。
8得点でランキングトップだそうで、絶好調らしい。
後半開始。
JSCが攻め込みますが、(GKの好守もあったが)シュートが入らない・・・。
FW⑧のミスが多くブレーキに。
昨季から大幅にメンバーが変わりましたが、圧倒的強さは消えてしまいました・・・。
最下位チーム、それも今季まだ1勝のチームにホームでてこずっているようでは、
JFL昇格なぞ無理な感じ。
右サイドハーフ⑨高瀬証選手がスピード・突破力もあり注目!
個人昇格もありそうな感じです。
試合は後半に1点を追加したJSCが3-1で勝利です。
 
昼食後アルビレッジへ戻り、決勝戦。
 
アルビレックス新潟ジュニアユース 0-0 グランセナジュニアユース
                          PK戦 5-3
 
前半は特に見所も無く、ウトウト。
試合も30分ハーフだったので、あっさり。
グランセナのカウンターアタックが効いていた印象。
後半はアルビが主導権を握ります、縦への速い攻撃でゴール前に迫りますが
シュート体勢が遅い!。シュートへの意識も消極的。
相手GKの好守もありましたが、決定力を欠きました。
なんか今日はこんなシーンばっかり・・・
 
両チームはU18ほどの差はJrユース世代では感じられなく、
グランセナのレベルアップも着々と進んでいるようですね。
 
試合は60分で決着がつかず、PK戦へ。
グランセナの4人目が外し、アルビが5人決め勝利。
新潟県1位として北信越大会へ進むこととなりました。
 
初めてのJrユースの試合観戦でしたが、印象としては上手い選手は多い。
しかし特長のある選手が少ない。
今から小さくまとまっていいんでしょうかね?
今季ユースに昇格し、試合に出ている1年生たちはテクニック+αを持っている。
もっと個性が必要な気がします。
まあ1試合2試合を見ただけではわかりませんけどね・・・。選手名もわかりませんし・・・。
機会があったらまた観戦に行きたいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

惜しい~

2件のコメント

 
オランダに惜敗。
前半は良かった、むやみに前からのプレスをかけずに
引き気味の守備が効いていた。勝ち点1の可能性も見えましたが
さすがに優勝候補オランダ。すばらしいシュートでしたね~
 
調子が良さそうで、キーポイントになりそうな予感がした松井、大久保を代えちゃったのは
どうなんだろう・・・。
⑩と⑪は何をしにピッチに立ったのでしょう??
 
まだ決勝トーナメントに進む可能性があるわけですから期待したいですね。
しかし貴章はリードしている場面でしか使わないんですかね~
 
 
 
 
 
 

いまさらですが・・・

コメントをどうぞ

 
日本代表が勝ちましたね~貴章も出場したし!
ライブで見なかった私は負け組み・・・。
頭痛がひどかったので、早く寝て早朝に録画を見ようかと思いましたが
二度寝をする始末~遅刻しそうでした。
 
先ほど録画を見終えましたが、終盤押し込まれて→ピンチの連続→何とかしのぎきっての勝利~
って、清五郎でよく見た光景ですな・・・。
全員でハードワーク、10番は出番が無いはずだわ。
 
勝ちに浮かれ気味でしたが、スカパーでのオシム爺の言葉で落ち着きました。
次のオランダ戦は真価が問われますね。
メンバーを落したりするんでしょうか??
まさかの貴章先発!?
 
 
 
 
 

Older Entries