2010プリンスリーグ北信越Div1
日本航空石川高校戦が石川県の星稜高校グランドにておこなわれました。
 
アルビレックス新潟ユース 2-1 日本航空石川
 
この日のアルビユースは攻撃陣が主力を欠きます。
平松宗、福原嵩人がサテライトの関東遠征に帯同。
早川史哉、川口尚紀、井上丈が国体チームの練習のため不在。
プリンスリーグで得点を決めている選手が欠ける状況。
そんななかで誰が得点を決めてアピールできるか注目しました。
 
メンバー
        石黒優汰 依田隆希
 斉藤恭志               田中僚
         中村樹 大下健太 
  宮内翔 石井達 西村竜馬 江崎千尋
            川口雄司           
 
サブ・・・松井聡希、見田薫、石黒創平、山田力也、石塚鉄也、加藤聖哉
 
序盤から押し気味に試合を進めるアルビユース。
しかし前線でのタメが作れず、チャンスに繋がりません。
石黒優汰も依田隆希も頑張ってますが、平松宗のポストプレー川口尚紀の突破力にはおよびません。
活路はサイド攻撃か?右サイドの田中僚、江崎千尋がいいコンビネーションで崩していきます。
江崎千尋が囮になってオーバーラップ~田中僚がゴール前に侵入~シュート!!
決定的シーンが4回ほど、しかしGKの好守もあり無得点・・・。
惜しかった。
江崎千尋はキレが出てきました。果敢にアップダウンを繰り返す運動量。
単調なクロスだけではなく、ショートパスで崩そうというアイデアもありました。
 
守備は終始安定。
ブラジル人FWは西村竜馬がガッチリマーク。スピードもフィジカルも負けてません。
(珍しく)石井達からもコーチングの声が終始飛んでいました。
航空石川の攻撃は単調というか、連動した攻撃ではなく個人技頼み・・・。
無謀なシュートもあり助かりました。
なかなか攻撃陣が得点できないなか、42分CKのチャンス。
西村竜馬がドンピシャヘッドを決めて先制!!!
前半1-0で終了。
 
後半8分左SB江崎千尋がセンタリング~流れてゴールマウスへ~GKがキャッチ、かと思いきや
その手をはじきゴールイン2-0。ラッキーな追加点です。
このプレーのせいか?GKは交代させられました。
地元で負けられない航空石川が意地の反撃。
15分過ぎから押し込まれます。
20分FKが左サイドの選手に渡りそのままドリブル突破~角度の無いところから決められ2-1。
流れを変えたいアルビは選手を交代しますが
イマイチ機能せず・・・。
交代の意義を意識してプレーしたのは、ラインの裏を狙い続けた見田薫くらいか?
依田隆希と交代してトップに入った加藤聖哉は90分プレーしたかのようなヘロヘロ振り・・・。
前線から追いかけ守備をし、攻撃では身体を張ってタメをつくりたいところでしたが
まあディフェンスの選手だからしょうがないか?
でも頑張ってほしいゾ。
 
またも田中僚がチャンスをつくるがノーゴール・・・・。
今日はとことんツイテませんでした。
 
結局試合は2-1で勝利。
2位をキープ、しかし1位の富山第一が5-1で帝京長岡を下したため勝ち点は縮まらず
得失点差にも差がついてしまいました。
プリンスリーグは残り2試合。北越と星稜戦
奇跡の逆転劇のためには負けられません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広告