国際ユースIN新潟は最終日です。
第一試合はU17スロバキア代表vs新潟県選抜。
井上丈は右サイドハーフでスタメン出場。たまにトップにチェンジ。
ロングボールで右サイドを走らせるパターンが多い。
フィジカルで劣りますが、1対1では粘り強く負けません。
スロバキアは下手?ありえないシュートミスもあります。
後半井上丈がトップ下に入ると、効果的な散らしでチャンスが増えます。
しかし、ゴール前でのプレーが遅い・・・。
さらに直線的に突っ込みますから、簡単に跳ね返されます。
ショートパスで崩したら、デカイDFはついてこれなかったかも?
35分にCKからとうとう失点を許すと、その後は集中が切れたか。
さらに2失点・・・。GKの交代も影響したでしょう。
結局3-0で敗戦。しかし善戦といえる戦いでした。
 
第二試合はU17メキシコ代表vsU17日本代表。
全勝同士の対戦。
しかし開始から元気なのはメキシコ代表。
今日もアグレッシブル、プレスが早い。
24分CKからメキシコ先制。
42分日本GKがバックパスの処理をもたつく間につめられ失点・・・。
 
後半は日本代表は疲労困ぱい。
プレスに前を向けず、バックパスの連発。たまのチャンスもミスが多すぎ。
誰も声をかけず、表情は「もうどうしたらいいの??」状態。
とてもとても日の丸を背負った戦いとは言えませんでした。
 
メキシコのモチベーションの高さ、みんなが声を掛け合いうるさいくらい。
日本代表はホームであるのに。
代表生き残り競争もあるのに・・・。テンション低くないか!?
試合も低調でガッカリ。
ここからの巻き返しを期待します!!