胎内でおこなわれたアルビレディースvsINAC神戸レオネッサ。
0-4の完敗、大敗。
 
今季はスワンフィールドでの「前座試合」しか見てません、、
「アルビレディースつぇーじゃん」と思ってましたが、対戦相手が弱かっただけなんすかね?
今日の神戸は強い・上手い・速い。
序盤から主導権は握っていたアルビLですが、細かいパス交換は見られるもの
アタッキングサードへの侵入、決定的チャンスが少ない。
むしろ神戸に『攻めさせられていた』??
前半18分にPKを献上し、先制されるとますます余裕の神戸。
効果的なカウンター攻撃で、チャンスを作り出します。
細かいパスまわしでゴチャゴチャしているアルビと、
いつのまにかゴール前で選手がフリーになっている神戸の攻撃。
 
アルビLは自分達のサッカーが出来なかった印象です。
気温の高さも考えた神戸の省エネ作戦が成功。
アルビは落合選手が「熱中症」あるいは頭部にボールを受けた影響か後半早々に交代。
菅澤選手の「惚れてしまいそうな」ポストプレーも、厳しいマークでイマイチ機能しませんでした。
選手を交代しても、システムを変更しても流れは変わらず・・・。
せっかくの年一回の胎内での試合も、大敗・無得点で終わってしまいました。
ボランチ・川村がミスが多く、ボールを奪われるシーンが多く、
左SB・キャプテン山本のクロスの精度の無さもガッカリ・・・。
 
次節は苦手・東京電力、その次は王者日テレ。
果たしてアルビLは進化しているのか?真価が問われる闘いとなりそうです。
 
 
さて、この日のきむジイは観戦エリアのポジショニングに失敗・・・。
隣のブロックには中条サッカー少年団、そしてそのママたち。
「サッカーの勉強に」とメインスタンドの中央を占拠したのでしょうが、試合なんて見てねーし。
いいんすよ、ガ●が大人しく試合を見られるわけがないから、
だからバックスタンドとかゴール裏に居ればいいんです。
他の人、サッカーが見たい人・応援したい人の邪魔にならなければどうでも良いんです。
そして90分おしゃべりしっぱなしのママたち・・・。
あーうるせーうるせー。自分の子供が出てない試合に興味が無いのは仕方がありません
だから害の無いように、遠くへ行ってください。
 
本当にサッカーが好きな少年は食い入るように試合を観てます。
一人だろうと。
清五郎のSS席に一人で来ている少年がいます、
国際ユース大会・紫雲寺で一人で来ている少年が隣にいました。
それに比べたら今日の中条少年団、ひとりとして試合をみてる子がいませんでした。
まあ試合が0-4だからしかたがねーか。
でもさ、ホントにサッカーが好きなんかな~
 
つーことで「サッカー少年団の近くで観戦するな!」
みなさんもご参考に。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広告