天皇杯2回戦ツェーゲン金沢戦は3-0で勝利。
順当といえば順当ですが、「理想」は亜土夢と大島の2トップが爆発し、
大輔が久保を完璧に抑え、彩翔が活躍する~
 
ところが亜土夢と大島の2トップは、なんかスタイルが被ってます。
ワンタッチで叩いたり、フリックしたりする両者。
しかしそれを拾って飛び出していく選手がいないので、チャンスに繋がらなかった。
後半大島が退いてから亜土夢のプレーが伸び伸びしたことからも両者の組み合わせは
「なし」だな・・・。
また新たな攻撃システムを構築しなければ。
で川又ケンゴ。風貌は「ドログバ」か「エグザイル」と一流ですが
JFLのDFに吹っ飛ばされているようじゃ思いやられます。
ポストもイマイチ、高さで競り負け、スピードもギモン・・・。
決定力もポストに2本も当ててはどうなんでしょう。それもオフサイドの判定後で!
しかし、もうFWはいないわけで・・・期待するしかないのだが。
いっそユースの川口尚紀を育てちゃうか!
でも潰しちゃう可能性もあるわけだし、怖い。
河原の移籍のタイミングが悪すぎだったなぁ。
 
金沢に武者修行中の長谷部彩翔。
久々の清五郎、っーかプレーするのは初かも?
立ち上がりからキレのある動き、シュートも積極的で「怖い」存在でしたが
前半のうちに負傷交代・・・。
せっかくの里帰り、張り切っていたでしょうし、楽しみにしていたサポも少なくなかったでしょうし
つくづく残念です。
ハーフタイムに御両親にバッタリ会いましたが、1回戦で鼻骨を折っていたそうです。
再発かとヒヤヒヤしましたが、頭をぶつけた模様。
試合後にはグランドに姿を見せたみたいですから、大事にいたらなくてホントに良かった。
 
 
この日の観衆は5664人。
ガラガラのスタンド、枯れた芝のピッチ。
別な会場に来た感がありましたね。
ツェーゲンサポは赤黒のチームカラーのためか?レッズスタイルのよう。
チャントが多め、聞いた事あるレッズのチャントもありました。
憧れてるのか?
しかしJ昇格が目標で、将来レッズと対戦する可能性もあるわけですから
露骨なパクリもいかかなものでしょう・・・。
 
 
貴章が抜け、新たなスタイルへの脱皮が急がれますがまだまだ時間が掛かりそう。
スムーズに流れていた連係もノッキングだらけ・・・。
どうする?黒崎監督。
 
 
 
 
 
 
 
広告