アウェー浦和戦。出勤日でしたので先ほど録画を見終えました。
マルシオどころかミシェウまでもが怪我で離脱。
純国産メンバーでのぞみます。あっヨンチョルは国産じゃなかった・・・。
前半は高い位置からのプレス、攻守の切り替えも早く、サイド攻撃も機能。
う~んいいんじゃないこれで1点取れたら~
が!攻撃の糸口がヨンチョルのみ。
サヌの裏を突いてチャンスを演出。
しかしフィンケに対応され、平川がマッチアップすると囲まれるシーンが目立ってしまいました。
大島とのコンビも良かったんですが、ヨンチョルひとりではね~
セットプレーもまったく精度が無く、トホホな結果。
 
前半アディショナルタイムに失点すると、完全に勢いが消えました。
前半の飛ばしすぎもあってか?足が止まった。パスが足元足元ばかり・・・。
こんなときはベテランの大島や勲が鼓舞すべきところですが、大島は自分の調子が悪く
能面のような硬い表情のまま・・・。
勲は後半つまらないトラップミスもあり・・・あなたが浮き足立ってどうすんのよ!
 
これからは若い選手にシフトしていくしかないのか?
加藤大はフル出場、たぶん後半はバテバテだったのでしょうが90分アウェーの埼スタで
プレーしたことは良い経験になったことでしょう。
高徳はエジミウソンとのフィジカル勝負では負けず。
大悟はセンスあるパスを展開。
三門は運動量で中盤を活性化。
東口は素早い飛び出しを見せ、恐怖心は克服した模様。フィードも戻ってきた。
川又は・・・いたっけ?亜土夢はもう若手とちゃうでしょ。
 
何とか早く残留を決め、「今季のこりは育成にシフトします」でも良いよ。
それが来季のアルビ、未来のアルビに繋がるのであればガマンします。
しばらくバンザイできなくても(ホントは嫌だけど!!)ガマンします。
それが明日に繋がるのであれば。
ただ、チンタラとプレーしたら許しません。
 
 
降格してしまったら元も功もなくなるので、点の取れる(なんでも出来る)ブラジル人FWは必要だな。
 
 
 
 
 
 
 
 
広告