J’s GOALに片渕監督と決勝点を挙げた川口尚紀のコメントが出てました

●片渕浩一郎監督(新潟)
「先に取れたのは狙い通りだったが、後半はサッカーにならなかった。全体的に単純な、技術的なミスが多く、準備不足のミスも多かった。それが後半のリズムをとれなかった理由だと思う。反省点ばかりの試合だった」

Q:今大会の目標は?
「昨年、1回戦で敗退していたので、最低でもベスト16へ行こうと話していた。クラブの歴史を作るにあたって、前年度の記録を少しでも越えようと3年生には言っている」

Q:2回戦に向けて
「次のF東京は、中途半端なことをするとやられてしまうチーム。自分たちのやるべきことをしっかり整理して、準備をして臨みたい」

●川口尚紀選手(新潟)
Q:得点シーンを振り返って
「相手のミスからうまく自分のところへボールがこぼれてきて、フリーでキーパーと1対1になったので、簡単に決めました」

Q:ほとんど唯一に近いチャンスだったが?
「キーパーがよく見えていたので、落ち着いて決められました」

Q:2回戦への抱負を
「去年クラブユースでF東京に負けているので、その借り(を返す意味)も含めて、自分たちがどれくらいできるか試せると思う。チャレンジしたいです」

監督は相当おかんむりの様子。
川口尚紀へのインタビュアー「ほとんど唯一のチャンス」って失礼じゃね???

写真も載ってました。http://www.jsgoal.jp/jyouthcup/photo/article/00070151.html

広告