行ってきましたサポカン。
14:00~15:30の予定が16:30まで延長。
昨年は飛行機の遅れで欠席した田村社長が出席。
社長はオフレコや記事録に載せられない発言を連発。
クラブを良くしようとするが、様々な障害が立ちはだかっていてもどかしい様子。

しかし、あきらめてしまっているわけではなく。
熱く語る姿から熱意がヒシヒシと感じられます。

詳しくは議事録が発表されますので省きますが、「おおっ」思ったことをいくつか
紹介します。

・2009年の就任から6ヵ年で新潟出身選手を40%にしたい。
・鳴尾はs級を獲得し他クラブへ。
・スタジアム外のイベント、昨年は大阪のたこ焼き「くくる」を呼んだが今年は山形の「芋煮」,
甲府の「とりもつ」高知の「よさこい」を招致したい。
・5月3日のホーム神戸戦は前座でレディース、後座にユースの試合を開催する。
・2011シーズンは公園整備のため駐車場が300台減少。
・若手選手はほとんどが複数年契約。

意外と新潟市は堅いというか、融通が効かないらしい・・・。
バーナーを出すにしても、クラブ名が大きく出せなかったり、景観のためのぼり旗が却下されたり
新潟駅の連絡通路にポスターを貼るのも1枚しか貼れなかったり。1企業を優遇できないということらしい。
ただし、新潟駅に関してはJR管轄地でのPRが増えるようです。
シャトルバスのルートも、亀田駅に向かえないか?と考えたがバス路線が通ってないと許可されない。

新潟県にしても駐車場減少の方向性を崩さないし、ビッグスワンの使用料は減額してくれないし
看板設置料、駐車場使用料もしっかり徴収するそうです。

社長がいちばん憤慨していたのが移籍システムの変化。
一部の代理人が「選手のため」との建前でビッグクラブ有利のシステムになってしまった。
A・B・C契約制も育成金制度も廃止になるかもしれない。ますます金持ちクラブが有利になる。
このままでは育成するチームは無くなるかもしれない。

そりゃ~せっかくお金と時間をかけて育てた選手を、タダで引き抜かれたら堪りませんわな。
育成型クラブを目指す!と言ってもこんな現状では上手くいくのかしら?
以前あった代理人のイベントで代理人側の主張も聞いておけばよかった・・・。

社長は、ACLに出場できるチームづくりは出来ていると自身満々。
ここ数年、残留残留ばかり言っているきむジイですが・・・上を向いて行きますか!!

広告