アルビがビッグスワンに帰ってきました。
待ちに待ったJリーグ再開。
期待に胸を膨らませ、さあジュビロ戦。

前半は良かった。
早めに先制できたし、ブルロペもストライカーの片鱗をみせました。
振り向きざまのシュート、DFを引きずりながら強引なシュート。
前線からの守備も頑張る。ポストプレーもそつなくこなす。
ゴールこそありませんでしたが、これから益々期待してもいいでしょう。
藤田征也も攻撃のセンスが光ります。
ただ1対1の守備が・・・。大卒ルーキーにちゃぶられちゃいました。

さあ後半、追加点を期待!
と思ったところが、磐田に押し込まれる。
そうなるとなぜか挽回できなくなるのはなぜ?富山戦と一緒。
川又堅碁の頑張りで一時は盛り返したが、結局ドロー。
不完全燃焼のまま試合を終えました。

押し込まれるとDFラインが下がり、全体が間延びし前線が孤立。
セカンドボールがひろえなくなり、ボールを奪ってもブルロペへのロングボールばかり。
仮に通ってもフォローが遅いので攻撃に連動性を欠いてしまう。
うーんどうしたらいいんでしょう。
それはプロフェッショナル達が考えること、サポは応援するだけです。
ネガティブな野次も飛んでましたが、シーズンは始まったばかり
盛り上げていきましょう。

広告