2011 新潟日報杯・NHK杯・共同通信杯・第16回新潟県サッカー選手権大会~県代表決定戦~
3回戦がきのう経営大グランドでおこなわれました。
アルビレックス新潟ユースは05加茂FCと対戦。
80分2-2(試合速報で1-1とお伝えしましたが訂正します)PK戦1-3で破れ
4回戦進出は成りませんでした。

メンバー
     石川湧太 依田隆希
 加藤聖哉          廣澤拓哉
     奥田昇也 本田航平
 石附航 福嶋竜二 五十田航輝 江崎千尋
        松井聡希

サブ・・・宇野智紀、酒井高聖、渡邉新太、大島颯太、川渕翔太郎、山本礼利、三好一央

松井聡希以外は1、2年生。攻守の要に福嶋竜二と江崎千尋、石附航を入れましたがBチーム。
キャプテンマークは1年生の五十田航輝が巻きました。

試合を見て感じたのがプレーに自信が無い。
相手は大学生とはいえ、どこか腰が引けたプレー。消極的なバックパス。
試合経験の少なさから?プレーの範囲が狭い、サイドチェンジなどは皆無だったかも。
トップの依田隆希がキープ出来ないため石川湧太が活きず、ボランチの奥田昇也がためられない
ので押し上げられない、同じボランチの本田航平はミスのあとの切り替えが遅い。
そんななかで福嶋竜二、江崎千尋、石附航はやはり違いました。
特にセンターバック福嶋竜二は、相手の長身FWに1対1では負けなし。
カバーリングも絶妙で、守備は締まりました。
20分CKからの流れで失点。
27分加藤聖哉のゴールで追いつく1-1。
前半は1-1。

後半開始から石川湧太OUT渡邉新太IN。
ポストプレーの役目を渡邉新太が担うことで攻撃が活性化。
51分江崎千尋のクロスからファーで渡邉新太がフリーとなりゴール2-1。
しかし59分左サイドからクロスをあげられ失点2-2。
依田隆希OUT大島颯太IN
江崎千尋OUT酒井高聖IN、システムを3-4-3に代えます。
78分渡邉新太の突破を相手DFが後ろからのチャージで一発レッド。
PAギリギリのFKを渡邉新太が狙いますが、大きくふかし万事休す・・・。
試合は2-2のドロー。
後半は攻勢をかけチャンスも多かったが、決めきれないのが痛かった。
奥田昇也も競り合いにも負けない力強さが出てきた。
あとは加藤聖哉に積極性が出れば・・・。あっさり奪われすぎ・・・ガンバレ。

PK戦は1-3で負け。
一人目は決めたが2人目3人目4人目とすべてGKに止められジ・エンド。
上位進出が出来なくてザンネンというより実戦経験が積めなくなるほうが残念です。
やはり試合に出ることが成長に繋がるんでしょうね。

ひとつ余談
この日の会場は経営大グランド、学生が応援してました彼らのマナーの悪さが不快でした。
応援というより選手をイジル「(雨で)髪の毛大丈夫?」とかうけねらいばかり・・・。
審判も同大学の学生らしかったのですが、太めの副審に「横幅が多すぎ!」とか・・・。
サッカー部なんでしょうが、公式戦との認識が低すぎる。試合に対する真剣さが無い。
そんな姿勢ですから試合に出られないんでしょう。練習にも真剣に取り組んでないんでしょう。

アルビユースを卒業し大学サッカー部に進学する選手が多いですが、あんな姿になってほしくないと切に思います。
アルビユースAチームの選手も観戦していましたが、反面教師!ということでまねしちゃいけませんよ。

 

広告