声が枯れました、久々に。
アディショナルタイムに追いつかれる。
結果的には勝ち点2を失う結果となりましたが、
私は今日の選手たちを誇りに思います。
選手たちだけでなく、猛烈な抗議で退席となった黒崎監督やベンチ、いつも以上の声量のゴール裏。全員で「闘って」いた。
6試合勝ちが無い苦しい状況で、必要なのは選手に文句を言うことではなく。
苦しい時に後押しが出来る「声」「拍手」ですよ。
きむジイも周り(前席)の文句を打ち消すべく叫び続けました。

ひとつひとつを見れば、勝ちきれない試合運びや、ボールが収まらないブルロペ、決めきれない川又、2列目から飛び出せない本間、前に運べない亜土夢、シュートが枠に行かない木暮・・・。
ダメを出せばキリが無い。
でも「何とかしよう」という強い気持ちが感じられ熱いプレーを魅せてもらいました。

最後はここまで負けが無い仙台の自信が、6試合勝ちがないアルビの自信の無さを打ち破ったのでしょう。
悔しいです!
でも今日の闘いは次につながります。
追いつかれてのドローにこの表現はおかしいとおもいますが、それくらい気持ちのこもった試合でした。
ここで大事なのは次節、またコロッと負けたのでは意味がない。
全力で闘って勝利を掴み取ってもらいたいです。

今日は2種登録の西村竜馬がベンチ入り。
怪我人続出のチーム事情からユースからの練習参加も増えるでしょう。
アルビレックス新潟のチームの一員としてチームを盛り上げてもらいましょう。

14:00から行われた日報杯(天皇杯予選)については明日UPします。

広告