昨日はちゃんと試合も応援しましたよ。
観衆が3319人。なんと普段の3倍強!J2の水戸・岐阜より多いな。
マスコミにいたっては63人だそうで、
普段の5人から12倍!!
INAC神戸は17812人だって!ヴィッセル神戸より多いんじゃないの??
そのINACKと次節8月6日にスワンフィールドで対戦する予定でしたが、
収容しきれない可能性があり、ビッグスワンへの会場変更の可能性が出てきたそうです。
ひょっとして4万人超え!?
下手したらトップの試合が後座試合扱いになったりして~
ま、冗談はさておき。
パレードで上尾野辺選手も言ってましたが、これを一過性のものブームに終わらせてはいけないわけで、
試合内容というものが問われてきます。
レッズ戦は早い時間に先制し、追いつかれながらも勝ち越す。
そして終了間際に失点と、喜怒哀楽に富んだ内容でそれなりに一見さんは満足したかもしれません。
ただ、勝ちきれていないことは事実であり。楽しんでいる場合ではないのです。
失点もそうですが、安易にDFラインの裏を取られすぎました。
この日のセンターバックは上田と北原。
タッパはありますがいかんせんスピード(瞬発力)に欠けました。
オフサイドもほとんど取れませんでしたから、ラインコントロールも不安定。
コーチングの声もほとんど聞こえませんでした。
DFの要だった東山をベンチに置き、あえてこの2人を育てる方向なのか?
それならば相当この2人には頑張ってもらわないと!

阪口のプレーは別格。
ほとんどボールを失いません。それでいてパスは正確で
次元が違うかと錯覚しました。

ブームが落ち着くと、やたら文句を言うおじさんとかが増えてきますから、
この玄人もどきを黙らせる、ついつい拍手してしまうプレーを増やしてもらいたいです。

広告