まずはユースの試合速報。
プリンスリーグ北信越1部第11節vs日航石川は10-1の大勝。
しかし首位の星稜も大勝したため順位は変わりません。
試合レポートは明日にでも・・・。

さてアウェー広島戦、スカパー観戦です。
前半から粘り強い守備で耐え忍んだんですが(クロスバーの力も借りて)
後半途中出場のオッサン(みたいなムジリ)にやられた~
なんとこのオッサン全試合に出場しているそうで、切り札・スーパーサブなわけで
まんまとしてやられた。

アルビはまず得点が決まらない。
パスがつながるシーンも増えましたが、どうもパスを受けてから次の
展開を考えている感じ。そのため足元へのパスが多くスピードが上がらない。
シュートへの意識は高く遠めからも積極的打ちましたが、可能性が薄かった・・・。
広島の攻撃はTVで見ていてミスがあったとしても「ここでパスをうけてシュートを打ちたかったんだろうな」と展開が予想できましたが、
アルビの攻撃シーンは「もしかしてサイドチェンジをしてからそれから中に切れこんで・・・」とほとんど妄想の世界。意図が感じられない、イメージが無い。
ミシェウが復帰してアクセントになりましたが、上手くいかないとドンドン難しいプレーに終始。
玉離れが遅くなるのもいつもの悪いパターン。
攻撃の切り札が無いことも同点・逆転ができない原因でしょう。
なんとかポジればヨンチョルに積極性が戻りつつあること、
やはりミシェウの復帰が大きいのだろう。

幸いにも2週間開きますから、もういちど攻撃の構築をしてもらいましょう。
まずは明日のサマーフェスタで気分展開をしていただきましょう。
直接応援の声を聞けば、気持ちも高まるはずです。

広告