ナビスコカップ2回戦vs清水エスパルス。
スカパーで放送があったことをすっかり忘れており、後半からの観戦。

結局逆転負け。
またもや勝てず・・・。
またもや失点に鈴木大輔が絡んでいるのだが、彼を戦犯にあげるよりその前になんとかできなかったのか?との疑問も生じます。菊池を下げたのは警告をもらっていたためと理解しますが、彼が抜けたあとのDFラインにイマイチ信頼度がない。今後出場停止の可能性もあるわけで、不安なところですね。

この試合もメンバーを変えてきました、久々のウッチーが気が利いたプレー。
ドリブル勝負が多い村上とはまた一味違う持ち味をだしていましたね。
藤田のクロスの精度も良かった。
しかし劇的にチームが変わるというわけでもなく。ここ数試合メンバーを変えている意味が無いのでは?
低迷するチームの典型として、「メンバーをころころと変える、」「システムをいじる、などが思い浮びますがちょっと泥沼にはまりつつあるのかと心配。
周りのサポ仲間からも監督批判も出始めています。
それもそうだが攻撃を指導するはずの、サントスコーチは何を指導してのだ!
試合前日のリラックスゲームに活躍するために来日したわけじゃないはずですが・・・。

なんとか白星をものにしてリーグ戦に弾みをつけたかったこの試合。
終盤は清水のユングベリにおいしいところを持っていかれました。
やはりワールドクラスはちがうな~
とちょっぴりうらやましい。

広告