録画して置いたスカパーで仙台戦を見た。
後半の立ち上がりまでは悪くなかった(得点できてないので良くは無い)。

失点シーン、千葉が一瞬ボールウォッチャーになり赤嶺をフリーにした。
痛恨。

2失点してからはグダグダ。
アウェーゴール裏から反対サイド(後半のアルビゴール側)は良く見えなかったが
単純なパスミスが多すぎる、一番がっくりきたのは小澤のアンダースローで転がしたボールを勲がチンタラしていて相手選手に後ろからさらわれたシーン。キャプテンしっかりしろ!

中学生を指導している方にDFラインが下がる原因を聞きました「ボランチが下がることが原因のひとつ、両センターバックへの信頼があまり無いのかも」だそうで。
あとはTVをみて思ったのが前線がキープできなく、すぐに奪われるのでカウンターが恐くてあがっていけないのかもしれませんね。

あと試合後の選手の覇気の無さ。
罵声を浴びせるサポも居ましたが、うつむいて淡々と挨拶する選手ばかり。
残留争った08シーズンにはサポにくってかかる松下、千代反田など気迫を全面に出す武道派もいました。
うっちーもいたし、彼らならなんとかしてくれるという気がしましたが、
仙台戦後の弱ヨワしい選手たちをみていると安心ができません。

ユースのプリンスリーグといいトップの残留争いといい
心配の種が減りませんわ。

広告