Fマリノス戦前にサッカー講座に参加してきました。
八木あかね氏による「サッカールール・みなさんの質問にお答えします」
事前に質問を受け付けますとのことでしたのできむジイはホーム浦和戦でのランコ選手のオフサイドじゃないの?を質問しました。他にもこの質問をしたかたがいらしたようです。

で、八木氏の解説。
オフサイドではありません。触ろうとしたが触れなかっただけ。
オフサイドとはオフサイドポジションでボールに触るか、相手の邪魔をすること。
相手の邪魔をするとは
・視界を遮る
・動きを妨げる
・動いて相手を惑わせる
このときの状況
ランコ選手の近くに居たのは高徳だけ、彼はDFラインの裏へ飛び出した田中達也選手を追っていた。
ランコ選手が何のアクションをしても邪魔になっていない。
センターバックの千葉が手をあげてアピールしていたが、あれはセルフジャッジをしているだけで惑わされているわけではない。あれを惑わされたと判定したらそれこそキリが無くなってしまう。
よってオフサイドではない。

なるほど。
「プレーに関与した」を「プレーする意思をもった」と解釈していましたが、違いました。
勉強になりました。

今となってはあの投稿が恥ずかしくなりますね・・・。
指摘していただいたムーンライト村上さんにも感謝したいです。

広告