あれよあれよというまに高徳がドイツブンデスリーガ・シュツットガルトが期限付き移籍をしました。

ユース時代から応援してきたきむジイとしても感慨深いものがあります。

喜ばしいことには間違いないのですが、今現在のチーム状況を考えると高徳の穴はけっして小さなものではなく

正直「アルビ大丈夫なのか??」と不安になってしまいます。

かといって高徳の夢を断つことは出来ないわけで、オファーがあったこのチャンスをモノにするしかありません。

高徳がアルビの心配をすることなく、自分のチャレンジに専念できるようにクラブはしっかりと補強をしてもらいたいです。

今朝の日報には鹿島から小谷野選手が加入と京都の中村選手の移籍確定のニュース。
どちらもビッグネームではないですが、若く才能がある選手でしょうから環境を変えての伸びしろに期待したいです。

広告