プレシーズンマッチ、清水戦。
有料の練習試合にはるばる静岡まで行くきむジイもビューキですな。
この日はメインスタンドで観戦、考えてみればこんな近くでトップチームの試合を見るのは初めてでしたのでそれだけでも充分に行った甲斐がありました。専用スタジアムはゴール裏よりメインスタンドにしようかな今後。

さて試合ですがスカパーでも放映されましたし、日報でも夕方のスポーツニュースでも取り上げられましたので今さらなんですが一応レポートしたいと思います。ミシェウが軽い怪我でベンチ外、亜土夢はどうした?のベンチ外。

前半は4-3-3のシステムでスタート。
ま、報道のとおり、平井が前線で孤立。本人も「難しかった」というくらい攻撃では上手くいかず。
それでもCKからのこぼれ球を振り向きざまにシュートを放つなど、シュートの上手さを披露します。ゴールの嗅覚に優れ、いいポジションに居るんだわ!
(これは相手GKの攻守に阻まれましたが、このGK林、どっかで見たと思いましたが、オシムジャパン時代の日本代表。)
守備面でもアンカーの前のMFが絞るので両サイドが空き、狙われる。そこをケアするため貴章、ロペスが下がる。
ますます平井が孤立という悪循環。
キムユングンは「俺が俺が」タイプ。どんどん前に出る、しかし連係がまだまだなので判断が遅れてボールロストが目立ちました。
それでも技術の高さは垣間見れます。プレースキック時の間合いの取り方が「韓流POPスターか!」ちゅうくらいカッコいい。必見。
前半押し込まれても無失点だったのはセンターバックの堅さがあります。
大井の粘り強い守備が光ります。一度かわされてもスピードで抜かれても最後まで食らいつき相手を自由にさせない。昨季のT選手には見られなかったですわ。良い選手を取りました。

後半はヨングンOUT村上IN、右SB。三門をボランチにして2ボランチ。小谷野をトップ下みたいな位置。4-2-3-1か。
小谷野OUTアランミネイロIN、左SHへ。4-4-2。
アランはキープできるがその後の展開力がまだまだ。ドリブルが得意なはずだったけど見られず。まだまだ身体が重そう・・・。
平井OUT藤田IN、貴章がFWで4-4-2。
ここでようやく貴章が目立つ。競り合いで強さ、足元の技術、ポストプレーが格段に向上しています。なによりもシュートを狙う積極性が強くなった印象です。ポスト直撃のシュートは強烈でした。

村上と貴章の相性もバッチリ。村上のシュート2本のお膳立ては貴章から。GKとの1対1は決めたかった・・・。
ロペスはヘッドで競り勝てるようになりました。ただヘディングシュートはまだ不得意な様子。

藤田は見事なセンタリング2本!でもワンプレーでかわされる守備の軽さがあって、サイドバックでは厳しいか?
菊池は終了間際に最終ラインへ。J’sゴールによると3-5-2だって。さすがのカバーリングとキックの正確さを見せる。
武蔵は短時間の出場でしたが、スピードというか加速力の片鱗を見せてくれました。カルピン・ヨン・アピンに身体をぶつけられてもビクともしなかったので、体幹の強さは天性のものか?

システムの変更もスムーズで代わって入った選手の戦術理解力も上々。それぞれが良いパフォーマンスをみせてくれました。
何気に監督は3トップにこだわっているようですが、09年に上手くいったのは大島というポストプレーヤーがいたからこそでは?開幕までにこだわり続けるのか?4-4-2を熟成させるのか。あと2週間ですぜ。練習試合も1試合だけですぜ。どうします???

広告