ホームガンバ大阪戦は傷み分けのドロー。
リーグ戦・勝ちが無いチーム同士の戦いは、勝ち点1を分け合う結果となった。

アルビは強豪ガンバを相手にリーグ戦初の勝ち点をあげ、一歩前進といえるのではないか。
これからの巻き返しに期待したい。

とまぁこんな感じで明日の日報、月曜日の県内ニュースは伝えるのでしょうね。
へそ曲がりのきむジイはまったく満足できず。
フラストレーションの溜まる結果ですわ。
立ち上がりは今日も良かった。5分で先制できた。
しかしその後追加点を奪えず、ガンバのエンジンがかかると次第に押し込まれる。
20分PA内で簡単に相手を倒してしまいPK献上・・・。追いつかれる。
ディフェンスリーダーの大井がやっちゃいかんでしょ。
後半はチャンスも少なく。貴章とロペスのツートップはなんだか被るシーンが多目。
ロペスと平井のコンビネーションが出来つつあるのに、今日の平井では出番もヤバイ。
またコンビネーション構築からはじめるんですかね~

とにかく得点してくれ!
前半、平井がこぼれ球を押し込もうとしたが、ポストに当たる・・・。またか!今度はポストか!
そして終盤の貴章のダイビングヘッド→こぼれ球をさらにシュートも阻まれる・・・。開幕・川崎戦でもあったな。
この二人、持ってなさすぎ。
このままじゃ昨シーズンの川又だよ。
死ぬほどシュート練習せぇや。

3人目の交代は慶行。同点だしバランスを考えて引き分けも視野に入れたのでしょう。
負けたくないというゲームプラン。
終了間際に失点するという悪い癖が出ず。PKによる失点のみで抑えられたことは評価したい。
貴章の右サイドハーフもなかなかはまった。
一歩前進とまでもいかなくても、半歩?つま先くらいは前進できたのではないでしょうか?
次節もホーム。
ここは意地でも勝ってくれ。

あ、その前にナビスコカップが。
ベストメンバー規定ギリギリでヨクね?

広告