ナビスコカップ予選リーグ、アウェーエスパルス戦。
完敗です。
相手は17歳のプロ契約選手だの、高卒ルーキー、大卒ルーキーだの若い選手が多め。
しかし彼らの勢いに完全に呑まれタジタジ。
攻撃が全然違う。スペースにパスが出て、選手も必ず走ってくるエスパルス。
足元足元のアルビ、前線はマークを外す工夫がないのでパスが出せず、バックパスのオンパレード・・・。
目立つのは最終ライン、というかセンターバックの健太郎、石川、菊池ばかり。村上はなんだ!
期待のヨングンは存在感がまったく無い、平井は絶望的にまわりと噛み合わない。
石川は前線に明らかに不満なゼスチャーを示していたしアランも武蔵に激昂。雰囲気大丈夫か??

ガンバ戦で半歩前進と無理やりポジりましたが、今日で2歩後退・・・・・・・・・・・。
リーグ戦に勢いどころか週末のリーグ戦にかなり悪い影響を与えそうです。
メンバーも模索、ポジション・システムもあちこちいじりまくり。
後半はヨングンがボランチ、最後の最後は平井がトップ下みたいな形でわけわからん。
攻勢になったのは結局ロペスが入って個人の力頼み。
戦術でもなんでもね~よ。

いったい毎日毎日何を練習しているのか!?
黒崎監督はどんなサッカーがしたいのか?
全然伝わってきません。
スタートからプレスを掛け続けるとスタミナが持ちません、なのか全然アグレッシブさも無くなっちゃたよ。
高いTVにリモコンブン投げそうになったわ。
あー腹立つ。

週末ふがいない試合をしたら拍手だの「つぎがんばれ~」なんか言ってられねーよ。

広告