4月とは思えない、雪のちらつく寒さのなか行われた今日のFマリノス戦。
それが影響したのかわかりませんが、試合のほうも寒い寒い・・・。
プロレスでいうしょっぱい試合、お金を取って見せる試合ではないよ。

攻撃の形がなかなか作れないアルビはとうとうポゼションを放棄。
中盤を放棄して、ロペス・貴章へのロングボールを多用します。
それも「ロペスよろしくね~」といった感じの無責任ぶり。中盤の押上げなんかあったもんじゃない。
貴章が下がったり、サイドに流れたりが多いのでせっかくボールを運んでも中央にロペス1枚しかいない貧弱さ。
逆サイドのアランとかは何してんの???
公式戦の勝利がないFマリノスですが、センターバックは堅いですから難なく対応されました。

後半ようやくボランチを経由するシーンが増えましたが、ゴールのニオイがしたのがジンスのロングスローからのみ・・・。
なんというアイデアの無さ。
全然楽しくも、ワクワクもしませんでした。
「新潟の魔術師」ミシェウが復帰しましたが、コンディションというかゲーム勘が戻ってないので救世主とはならず。
それでも現在のチームにはボールの納まりどころ、ゲームコントロール役が居ないわけですから、期待せずにはいられません。
収穫は東口の復帰。中村俊輔のFKを弾いたり、大黒のシュートを横っ飛びで弾いたりと2点は阻止、素早い飛び出しもあってDFラインも思い切ってラインを上げられる。
今日の無失点の要因でしょうね。

あとは攻撃か。得点できなきゃ勝てないわな。
なんかメンバー構成も含め「迷走」してませんか??黒崎監督。
全然攻撃が改善されない、いまだかみ合わない。(アランとジンスは仲が悪いのか?)
ホント毎日毎日何を練習させてんのか?
監督に文句言ってやろうかと思いましたが、監督の引き上げるスピードが超早かったwww。
アルビレッジで言えって?そんな度胸はありませんよ。

フラストレーションが溜まる毎日。大阪遠征の計画でも立ててモチベーションをあげるか。
試合後は残念会ではなく、祝勝会を浪花でさせてくれよ~

広告