今日の練習試合vs新潟経営大学2-2の引き分けだって。
経営大のブログにも書かれてますよ「徐々に支配する時間が増えた」「プロチーム相手に互角に戦えた」って。

新潟県の大学チームに引き分けって・・・。
2失点が問題ですわ、メンバーはわからないけどGK小澤、センターバックに大井がいたとしたら何やってんねんのレベル。
まあ後半の2失点ですから、メンバー落としたという可能性も大きいですが、それにしたって2失点で追いつかれているわけ。
なんつーかガッカリだわ。層が厚くなったと勘違いしてましたが、控えチームは大学生レベルだったわけで。
そりゃあ紅白戦したってチームのレベルはあがらんわな。
なんだか憂鬱な気分がますます憂鬱になるわ。

余談ですが、昨日のハーフタイムにメインスタンドの売店に康広、ヨングン、宣福が買い物。
康広があいさつしてくれてちょっと会話をしましたが「先輩の買出しです」だって。
彼らはれっきとしたプロ選手、彼らを買出しに行かせる先輩もどうかと思います。
(誰かはしらないが)
悲しいことに周りの客は選手ということに気づいてないのか気づかぬふりをしているのかノーリアクション。
格好も康広とヨングンはベンチコートを着てましたが、宣福は完全な私服、まるで街のあんちゃん(腰パンだし)。
プロ選手の自覚が無い、完全なプライベートの時間ではないはず。
クラブはそういったところは教育しないのですかね?

TVのドキュメント番組でヴェルディの建て直しのためにJリーグから出向してきた社長が、スタジアムに来場したお客にチラシをくばるメンバー外の選手に「きちんとジャケットを着るように」と注意していました。
スタジアムでは常に見られていると意識させたい、プロとしての自覚をさせたいとのこと。

豚串をほうばりながらメンバー外選手が試合を見る。
チームの危機感を感じてないんですかね。
不安になります。

広告