アウェーサガン鳥栖戦、負けました・・・。
鳥栖は強かったです、フツーに。
どっちが昇格チームか分からないほどコンセプトがしっかりしてます。
前線からのプレス、サイドからの崩し、ピンチの時間帯は全員が身体を張って守る。

方やアルビ。前半は良かったのは立ち上がりの5分だけ。
あとはいいところがありませんでした。
鳥栖の圧力に押されて、跳ね返すのが精一杯。攻撃の糸口が見つかりません。
それでも後半ボールをつなぐことを意識したのか、ミシェウが中に入ったのか?
攻勢をかけ、代わった貴章が右サイドで起点になる。
得点は時間の問題だ!と思いきや鳥栖のDFが跳ね返す、GKがファインセーブ、
ポストにも嫌われ無得点。
サッカー界には「チャンスを逃し続けると、勝利の女神が罰を与える」という言い伝えがあるそうで。
嫌な予感が的中し80分に先制を許すと鳥栖がまた元気になっちゃた・・・。
新潟も最後までゴールに迫るがなんせゴール前の人垣がすごくて入らね~よ。
結局0-1の敗戦。

う~んはるばる鳥栖まで行き、J2色プンプンの陸上競技場で、雨に打たれ風にさらされ、負け試合を見る・・・・。
どんな罰ゲームだよ!
後半のサッカーができるのならスタートからやれよ。
監督が大好きな「アグレッシブル、ハードワーク」???
完全に鳥栖の選手に負けてるよ!目を覚ませ!!

広告