新潟日報Web版に監督去就についての続報がありました。

『監督、選手と話し合い経て進退判断
J1新潟の田村社長』
 J1アルビレックス新潟の田村貢社長は20日、17位と低迷するチームの指導体制見直しについて、フロント陣による黒崎久志監督との話し合いに加え「選手との話し合いを経て判断する」と語った。その上で、黒崎監督については、「監督、選手も心が通じ合って、同じ方向性を見て前を向いて進むことがあれば」続投となるが、「難しいならすぐに」と、解任もあり得るとの考えを示した。

 新潟市陸上競技場で行われたプレナスなでしこリーグの試合後、報道陣の取材に応じた。

監督も選手も心が通じ合って、同じ方向性を見て前に進む・・・・・
なんか意味がわからん!?

どんだけ甘ちゃんなのか!?
結果がすべて。
昨日の試合前までも「次はしっかり準備をして~」「次こそはサポーターの期待に応える~」とか
何度聞いたことか!?
全然進歩してね~よ。
あるいは半歩前進して2歩下がっているっちゅ~ねん!

なんだか「選手・スタッフ・フロントが一致団結しますので、黒崎続投」の悪寒がします。

なんだか具合が悪くなってきた・・・・。

広告