[J特]勝った~~~~

4件のコメント

今季リーグ戦ホーム初勝利!!
リーグ戦では昨季の10月23日福岡戦以来。何日ぶりとかは面倒なんで数えませんが・・・。
とにかく久々!
勝利は格別ですね~~

柳下監督は初陣で勝利。
たった4日間ですが結果を出したところはさすがに実績のある監督!ですかね。
大きく変わったのはプレスの掛け方。
高い位置からのプレスは変わりませんが、やみくもに飛び込むのではなくまず「コースを切る」。
プレーを遅らせ、隙を見てコンビでチャレンジ&カバー。
キムジンスがイマイチ理解が出来なく飛び込んでしまい、警告を受けて狙われるとみるやすかさず菊池に交代。
この交代がはまった。すっかり大前を消すことに成功。
守備も安定。

攻撃に関してはまだまだでしょうが、3人目の動き出しというものを感じます。
この辺は上野さんが種をまいたことが生きているでしょう。
黒崎前監督からいきなり引き継いだとしたら、こんなにスムーズに移行できなかったはず。
上野さんの指導期間も無駄ではなかったのだ。(たぶん・・・そう思いたい)

とにかく先制点が大きかった。
湧き上がるスタジアム!ノッテくる選手たち、なんだか劣勢を感じる相手選手。
これだよこれ。すっかり忘れてましたね~~。

まさにここからリスタート。
次節は順位の近い神戸です。しっかりと叩いて弾みをつけましょう!!
神戸に応援に行ってきますよ!

ようやく監督決定

2件のコメント

新監督に柳下正明氏が決定しました。

上野監督代行はユース監督に復帰とのことですから、ヘッドコーチに柳下氏の推薦者が就任するかもしれませんね。

たしかクラブの公式発表で上野さんはヘッドコーチへの登録手続き申請中だったはず。

憶測として、当初の候補者は美濃部氏や柱谷幸一氏など上野さんとヘッドコーチと監督など縁がある人だったのでは?

しかし断られてしまった??

で、しかたなく上野さんの昇格も見据えたが、公式戦2敗1分け(1分けも内容は完敗)だし、なにしろ得点が無い・・・。

さすがにまずい!と再度リストアップした。ってところか?

苦しい状況の中監督を引き受けてくれた柳下氏には感謝したいです。そしてきたいします。

が。

結局この大切なリーグ戦中断期間を無駄にしてしまったフロント陣の危機感の無さに呆れますわ・・・。

ユースも無得点

2件のコメント

今季初のプリンスリーグ応援。
これまでのリーグ戦の経過は1位の星稜が6勝0敗、勝ち点18.2位のアルビユースが4勝1敗の勝ち点12。
アルビユースが遊学館戦が延期のため1試合少ないが、今日の星稜戦に勝って実質勝ち点で並びたいところ。

メンバー
     渡邉新太 廣澤拓哉
 依田隆希         井上丈
     三好一央 奥田昇也
江崎千尋 福嶋竜二 伊藤航希 加藤聖哉
        宇野智紀

右サイドハーフの石附航が怪我のため、井上丈を右へ三好をボランチで起用。(某選手父より情報入手)
立ち上がりは星稜に押されバタバタする展開。
徐々に落ち着きを取り戻しアルビユースがショートパスを繋ぎます。
しかし・・・。
アルビ東京在住サポーターさんから昨日情報を得た「ボランチの奥田昇也が攻守に利いてる」「依田隆希が絶好調」が
なかなか発揮されません。
かなりスカウティングされていた模様です。

すると後半8分、CKからカウンター攻撃を浴びる。
井上丈が身体を張って潰したかのように見えたが、そのままゴール。痛い失点・・・。
どうしても焦りが出るアルビユース、急に連係が乱れてしまう。
DFライン裏を狙ったと思ったらパスは精度を欠く、じゃあ今度は強引な中央突破。
中央を固める相手に対し、わざわざショートパスで繋ごうとする。プロですら難しい手段を取っていた。
う~んもっとサイドから崩したりしたほうがチャンスがあったのでは??
実際右SBの加藤聖哉が2度ほどチャンスを作っていた。
しかし加藤聖哉はその前の接触プレーで鼻血を出し、詰め物をしていたため?呼吸がくるしくスタミナ切れ。
山本礼利への交代もちょっと遅かったか??
左SBの江崎千尋は対面の選手の守備に追われた印象・・・。
星稜にうまく時間を使われ試合終了。
痛い痛い敗戦となりました。
延期となった遊学館戦に勝ったとしても勝ち点差は6に広がり、自力優勝は消滅。
アルビユースは今後全勝、星稜が2敗。最終節の直接対決でアルビユースが勝つ。
これが逆転優勝のストーリーか?現実的には厳しいなぁ

先ほどの某選手の父に試合後に聞くと、上野監督時代はもう少し長いボールでサイドチェンジの展開もあったとのこと。
トップチームの不甲斐なさがユースチームにも影響を与えていますね。

なんか考えたくないですが、きむジイが「トップチームの負け運」を運んじゃたかしら・・・。

 

試合速報

コメントを残す

プリンスリーグ
アルビユースVS星稜は0-1で敗戦…。

CKからのカウンター攻撃で失点。
詳細は後ほど…。

元に戻ってないか!?

コメントを残す

ナビスコカップ一次リーグ、アウェー横浜Fマリノス戦。
雨のニッパツ へ行って来ました。
初の三ツ沢球技場、臨場感はさすがでしたがいかんせん雨が…
試合が進むにつれ雨脚が激しくなりずぶ濡れ…
屋根の無いスタジアムの不便さを痛感しました。
スタンド下のコンコースも狭くて、ポンチョを脱ぐのも一苦労…。
8月のリーグ戦は晴れて欲しいものだ。

試合を見て感じたこと。
元に戻ってないか!?
勢いのあった柏戦、攻撃に工夫が見られた鹿島戦。
そして今日は見所が特に無い。
守って耐えて、ロングボールで武蔵を走らせる。
マリノスDFに簡単に跳ね返される…
セカンドボールを拾えず、受け身にまわりっぱなし。
せっかくのチャンスを活かせない平井と怪我の木暮。
ロペスが出て良いシーンはあったが、2日では連係は改善されず…。
黒崎時代に逆戻りしたかのように得点の匂いがしなかった…。
結局ミシェウ頼みかよ?
内田の離脱も響いているし、菊池はどうした!?

結局、貴重な中断期間を無駄にしたよ!!
新監督が決まったとしても準備期間は1週間
かといって上野代行では劇的変化はもう望めないだろうし…
新監督と選手補強は絶対に必要だ。

と痛感した横浜遠征でした。
帰ってからスカパーで見直すか。
希望が見えるかもしれないし。

まだまだ時間が掛かりそう・・・

コメントを残す

ナビスコカップ予選リーグ・ホーム鹿島戦。
0-1で敗れました。
失点シーンはワンタッチプレーが3回続いたビューティフルゴール。
代表戦で感じた「ダイレクトプレーの重要さ」を痛感してしましました。

新生アルビの初ホームゲーム。
う~ん攻撃面で変化の兆しはありますが、まだまだ意思疎通には時間が掛かりそうです。
そんなのん気なことを言ってはいられないはずなんですが・・・。
それよりなにより、シュートの意識の低さは改善されてませんね~
ゴール前にうまく侵入しても、なぜヒールで流しちゃったりするの???
試合全体を通してもヒールパスという無責任なプレーが目立ちました。
上野ヘッドコーチは選手の自主性も尊重するそうですが、あまりにも勝手すぎる。
前半から重そうな選手にもちょっとガッカリ。
ハードトレーニングで疲労のピークなんですか?
6月16日のリーグ戦を目標にチーム状況をMAXに仕上げる!
というプランならば良いんですけどね・・・。

白星発進!

コメントを残す

2014年ブラジルワールドカップ・アジア最終予選、日本代表が3-0で快勝!
白星発進となりました。来年の6月11日まで1年も最終予選は続くんですね~
そのころにはアルビから代表選手が出ていてほしいが、一番可能性があるのは高徳か?

代表選手はワンタッチでパスを繋ぎ、シュートもダイレクトで打つなど技術の高さはさすがです。
それよりも印象に残ったのはボールを奪われたら奪え返すプレー。
ガツガツしたイメージが無い本田も、しっかりボールを奪い返していた。
上手さだけでなく負けてたまるか!の強い気持ちを感じました。
こういった約束事をザッケローニはしっかりとチームに植えつけているんでしょうね。
やはり監督は重要なんです。
アルビの監督人事はいったいどうなってんの????

今日のきむジイ。また野球観戦。
今日は9-1で群馬に大勝!群馬はピッチャーが死球ばかり、野手はエラーばかりとちょっと力が落ちるのか?
群馬の応援団は女性2人で太鼓を叩いて頑張ってました。
観衆は1000人弱、昨日の5分の一。招待券が無いとこれが普段の光景なんでしょうね。
席が好きに選べて楽なんですけどね(コラッ)
しかし、試合時間が長い~3時間を超えます。
後半飽きちゃいました(コラッ)
たまに行くくらいがいいですね。

試合前にクラブユース選手権・北信越大会の結果を現地のお父さんから聞きました。
9-0で充当に富山に勝利し北信越第一代表として全国大会に臨みます。
試合は立ち上がり3バックをテストしてピンチを招いたそうで、その後は4バックに戻して安定したそうです。
余裕の実戦テストって事でしょうかね。
さあ今季初の全国大会です!期待したいですね。

Older Entries Newer Entries