後半、鹿島の交代策を見て守備的なのか?と感じたのですが遠藤、ドゥトラがアルビに対応されたのでゲームを造れる柴崎を上げて、増田を入れたということだった。
前半ドゥトラに好き勝手にやられていただけに、ハーフタイムで守備の修正がしっかりできたということでもあります。
攻撃の構築に目が行きがちですが、ゲームの中で守備の修正ができることもチームが成長の証。

勝ち点3が欲しかった試合ですが、東口が3点は阻止しており。負けなくて良かったというのが正直なところ。
次節はしっかり勝ち点3をもぎとりたいところです。

それにしても攻撃のワクワク感が半端ねー!
2人3人と動き出す連動性が向上しています、もう少しあと少し正確性が出てくればもっと得点が出来るでしょう。
願わくば柳下監督の就任があと1週間早ければ・・・。
いや、きっと札幌戦では爆発してくれることでしょう。

懸念材料としては相次ぐサイドバックの負傷。
中村は再度同じ箇所を骨折、ジンスも半月板の損傷で韓国へ帰国・・・。ウッチーの長期離脱もあって控えが居ません。
村上は累積警告がリーチ。
順一は練習試合では守備がおっかないし、川口尚紀はユースの試合でもまだまだのレベル。
そうなると三門?藤田?せっかくの攻撃のバランスが崩れそう・・・。
これは補強が絶対に必要になってきますね。

余談
試合後駐車場にむかう途中に鹿島サポ女子4人が「新潟って何地方?東北?誰かに聞いてよ~」とかまってほしそうでしたので「仕方なく」しばし歓談。
新潟は夏は暑いのか?とか雪が多くて家は高床式なのか?とかベタな話題から。小谷野は怪我してるのか?西大悟が成長したのは新潟か鹿島か?とか選手の話題も。
6時間かけてバスで帰るそうで、次回はぜひ「泊まりで」と勧めておきました。
おっとJ1残留しないといけませんね。
で、その子たちしっかりスカパーに写ってました。

広告