『第16回国際ユースサッカーIN新潟』は最終日。
第一試合・U-17ハンガリー代表vsU-17新潟県選抜は6-3で新潟が勝利。
第2試合・U-17日本代表vsU-17メキシコ代表は1-0で日本の勝利。
3チームが2勝1分けとなりましたが、得失点差で優勝がメキシコ、2位が日本、3位が新潟となりました。

特筆すべきは新潟県選抜の健闘です。
この日もテクニックスピードに勝るハンガリー代表にしっかりとした守備から先制を挙げると、確実に得点を重ねた。
個人技でかわされ失点もしたが、それでも常にリードを保ち堂々の勝利といえましょう。
アルビユース勢の活躍も大きかったがGK(帝京長岡の選手)の好守も光りました。
着実に新潟県のユース年代のレベルはアップしています。4~5年前は「参加することに意義がある」という感じでしたが、いまや日本代表、海外の代表をしっかりした戦術で打ち負かすことが出来ています。
この大会で格上の相手と対戦してきたことが、大きな経験にもなってきているのでしょう。

そういえば昨日は澤村会長の前の席で観戦していましたが、アルビユースの廣澤拓哉を絶賛。
今日の試合も途中出場ながら2得点の大活躍。ボランチとして守備から攻撃への切り替え、自らゴール前に飛び出す積極性。
サイドハーフかFWの選手と勝手に思ってましたが、ボランチとしても面白い存在になりそうです。
トップ下、渡邉新太の抜群のキープ力も抜群。相手がデカイ外国選手でもぜんぜんビクともしないフィジカルと身のこなしは天性のものでしょうか?パスの展開もしっかりと周りが見えていますね~
27日から始まるクラブユース選手権での活躍が期待されます。

第2試合は好守の切り替えの早い、締まった展開。
日本代表はさすがに1勝2敗では恥ずかしいでしょうから、今日は気合が入ってました。
毎年元気なメキシコ代表はちょっとお疲れなのか、珍しくファールが多目。試合後も敗戦での優勝とあって静か?とおもいきやいつものラテンのノリで大はしゃぎ。切り替えがはえ~~~。

見ごたえのある2日間でした。
この3連休はサッカー5試合観戦~暇だな俺も・・・。

広告