延期となっていたプリンスリーグ第5節・アルビレックス新潟ユースvs遊学館が今日グランセナグランドで行われました。
試合は2-0で勝利。27日から始まるクラブユース選手権に向けてチームはいい状態のようです。

13:30キックオフなんですが、きむジイ寝坊・・・。目覚めたのは12:25!焦った。
30分くらいで到着できるグランセナでよかったです。
キックオフ3分くらいで会場に到着・・・。

メンバー
    渡邉新太 廣澤拓哉 
 依田隆希       三好一央 
    井上丈 奥田昇也 
石附航 酒井高聖 福嶋竜二 川口尚紀 
      宇野智紀

酒井高聖がセンターバックでスタメン出場。三好一央のサイドハーフなどテストも兼ねているのか?
前半は遊学館の守備の堅さに手を焼く展開。
守備になったら1トップを残し、全員が引く徹底ぶり。相手ゴール前は人垣がいっぱいです。
とにかくパスコースが無い、井上丈が下がってパスを受けて散らす、依田隆希がサイドを突きますがなかなか上手くいきません。
それでも徐々にペースを掴み、渡邉新太のポストプレーからチャンスが生まれます。
しかしGKの好守やクロスバーに嫌われたりとなかなか得点できない展開。
しかし今日の気温は30度、遊学館のプレスは90分続かないと見たのかまぁ余裕は感じました。

後半2分CKから酒井高聖がドンピシャヘッド!!先制~
これで楽になりました。8分井上丈から右サイドの三好へ、PA内進入しシュート。GKに弾かれますが再度拾ってセンタリング→渡邉新太がダイビングヘッドで飛び込み2-0。
このあとも優位に試合をすすめ、疲れの見える選手を次々交代。
目を引いたのが1年生のFW吉川佳介。スピードの速さと、倒れない身体のバランス。
今まで1年生を使わなかった上野監督ですが前節からベンチ入りさせてきました。
チームの底上げが進んできたようです。

1点を追う遊学館ですが、なかなか攻撃的にはチェンジできない模様、引いて守る戦術から抜けられないのかも?
センターバックの酒井高聖も安定した守備。
ハイボールでの強さは勿論ですが、危機察知能力というか危ない!というところは必ずケアをしている。
落ち着いたボール裁きも見せ、なにやら風格すら感じさせます。
代表での経験が活きているのでしょうね
あとはボサボサの髪をなんとかすべきかと・・・・。思い切ってアフロでもOK!!なんてね~

さあいよいよ全国大会。クラブユース選手権が27日から始まります。
金曜日は無理ですが、28日・29日は前橋まで応援に行ってきます。
28日はトップのアウェーFC東京戦。前橋でユースを応援し飛田給へ移動。翌日は東京に一泊し早朝に前橋へ移動~
なかなかハードな2日間になりそうですが、プリンスリーグに応援に行けなかった分応援してきたいと思います。
がんばれ~アルビユース!!

広告