アウェーガンバ大阪との「裏」天王山は終了間際に追い付き、1対1の引き分け。ガンバに引き離されず、なんとか首の皮一枚残りました…。

「勝てた試合」と試合後によく聞かれましたが、果たしてそうでしょうか?
たしかに後半は高い位置からのプレッシャーから奪ってカウンター攻撃、きちんと人数を掛けることもできた。しかし相変わらずの決定力の無さ。これに今で悩まされてきただけに簡単に「内容は良かった」とは言いがたかった。

前半の内容も酷かったなぁ。
プレッシャーで身体が動かないのですかね?
そんなメンタルでは降格争い抜け出せないよ…。

広告