FIFAクラブワールドカップ準々決勝。
開催国代表サンフレッチェ広島vsアフリカ王者アルアハリをTV観戦。
サンフレッチェ広島はいわば、われらJリーグ代表。
日本代表より身近に感じ、応援にも熱が入りました。

しかし・・・善戦はしましたが惜しくも1-2で敗退。チーム戦術、個人の能力とも世界と戦えることを証明しましたが、
あと一歩足りず・・・。
決定力の差なんて軽々しく言えませんが、アルアハリはギリギリのところでクリアをしたり身体を寄せたりとココぞの危機管理が凄い。
決勝点のゴールもGKの動きを見て決めた巧みなゴール。
佐藤寿人のゴールも巧みだったけどさ。あと一点が取れなかったな。

それにしてもJ2降格を2度経験し、アルビと同じ年に昇格したサンフレッチェ広島がFIFAの大会に出てますよ!
去年までアルビにいた森保監督、DF千葉が国際配信の映像に出ちゃってますよ~
アルビも頑張れば行けそうな気もしましたが、
その道のりははるか彼方か・・・・?
毎年毎年主力選手を刈られて、一からのスタートばっかりでチームの上積みがないもんな~。

広告