マンUをながら見る

コメントをどうぞ

マンUの金儲けツアーは日本へ。
Fマリノス戦がおこなわれました。TV画面をチラチラながら見です。
日産スタジアムは6万人を越える入場者、さそがし2階の上段などJでは使っていない座席は汚れていたでしょうな。
結果はFマリノス勝利、あんな調整中のチームには負けてられねーよ。
鞠サポはマジ応援。ブーイングもかまします。
GK六反は空気読まずにファインセーブ連発。ええで~
結局マンオブザマッチは香川。
最初から決めてたんでしょ!

ファビオであり、六反でしょうが〜!

広告

菊地移籍

コメントをどうぞ

菊地のサガン鳥栖への期限付き移籍が発表されました。
守備を立て直したい鳥栖と出場機会を求める菊地、相思相愛の移籍か。

守備のユーティリティプレーヤー、新潟では何故かヤンツー監督に干され気味。
監督の求めるプレーと違うのか?過去の確執なのかわかりませんが、序列がサイドバックでは坪内の下、センターバックでは村上の下!ボランチでは宣福の下!
移籍も決断しますがな。

頑張れ菊地!!
新潟戦以外でね。
あ、新潟戦には出られない契約だっけ??

西村竜馬ヒーローインタビュー

コメントをどうぞ

3-0の完勝に貢献した西村竜馬のヒーローインタビュー。
音響が悪いので声が聞き取りにくい・・・。

「先制のシーンはボールが良かったので合わせるだけだった」
「守備はこのところ失点が多かったが修正できた」
「次節福井との対戦は、今のところ福井の結果が分かりませんが、次に繋がるレベルの高い試合が出来ると思います」
「ホームゲームは最終戦、毎回応援に来てくださる方もいらっしゃいます、運営に携わるスタッフにも感謝したいです」

このようなコメントを残していました。

西村竜馬、1ゴール完封!

コメントをどうぞ

今日は北信越フットボールリーグ第13節・JAPANサッカーカレッジvsアルティスタ東御を観戦。
お目当てはアルビから期限付き移籍中の西村竜馬のプレー&ユースOBの玉川選手。
2人の「応援に来てください」とのラブコールにようやく応えられました(ホーム最終戦にしてようやく・・・)
竜馬はスタメンフル出場、セットプレーから頭で合わせて先制点をあげ、守備では相手を完封。
チームの勝利に貢献しました。
玉川君はベンチ入りするも出番なし、それでも試合前、ハーフタイムとチームを盛り上げるムードメーカー振りを発揮。
おなじくユースOBの斉藤恭志君はメンバー外、どうしちゃったのでしょう?

試合は3-0でサッカーカレッジが完勝。
竜馬は終始声を出しコーチング、高さでは相手FWに完勝。フィードの正確性もありパンチのあるFKも魅せた。
カウンターに抜け出たFWに追いつくスピードも発揮。確実に成長していますね。
地域リーグ選手相手に苦戦していたら困りますけど・・・。

サッカーカレッジはリーグ2位、27日の最終節に逆転優勝を目指しましたがサウルコス福井が今節勝利し優勝を決めてしまった。
JFL昇格には8月2日から行われる「全国社会人サッカー選手権大会北信越大会」で2位以内に入り、全国大会に出場し3位以内に入り、「全国地域リーグ決勝大会」に出場し優勝しなければならない(たぶん)。
書いているだけでも道のりは険しいですが、竜馬には一試合一試合しっかりプレーしてさらなる成長をとげてもらいたいですね。

3年ぶりのJAPANサッカーカレッジの試合。
マスコットが居たり、ロッテリア売店があったり、オリジナルのカレーを販売したり、グッズ売店があったりと活気がありました。
家族連れも多く、ちびっ子たちがマスコットに群がっていました。
学生さんも頑張ってますね~
きむジイもおもわずタオルマフラー買っちゃったよ。
次にこれを巻くのはいつか?
地域リーグ決勝大会、決勝ラウンドは新発田開催(11月22日~24日)ここまで勝ち上がってきてほしいゾ。

お土産は新発田のスギサキ・アイスモナカ。
おいしくいただきました~

泉澤仁は大宮へ

コメントをどうぞ

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/07/19/kiji/K20130719006249730.html

泉澤仁は大宮に加入が内定。

残念・・・。

新潟には田中達也という最高のお手本、目標がいたのだが・・・
ま、しょうがない。
アルビユースを経て他Jリーグチームに加入したのは初めてか。
卒業生、在校生にも「こういう道もあるんだ」という希望をもたらせたことでしょう。
がんばれ泉澤仁!(新潟戦以外でな)

アルビユースは強いのか弱いのか??

コメントをどうぞ

今日はグランセナで、プリンスリーグ・アルビユースvs新潟西高校。
前半 1-2
後半 4-0
          渡邉新太  鎌田啓義
  小池裕太  三好一央 手塚峻一郎  吉川佳介
    石附航 酒井高聖 五十田航輝 飯野七聖 
             本田渉 

前半と後半ではまったくの別チーム。
立ち上がりから押され気味、12分に渡邉新太のゴールで先制(たぶん)するも流れは変わらず。
15分にはカウンターから左サイドを突かれ、センタリングをあっさり決められ同点。
24分に中央でパスをつながれ高聖が足を滑らせ決められた。逆転・・・。
セカンドボールが拾えず、単独突破に頼り連動性に欠ける、ロングボールにも頼るが精度が無い、切り替えも遅くカウンターを受ける、守備でも1対1でも競り負ける・・・。
なんとか持ちこたえ1-2で前半を終える。
うーんどうした?寝てるのか??

後半メンバー交代なし。
開始早々渡邉新太が右サイドをドリブルで駆け上がり、DFをかわしてシュートを放つがサイドネット。しかしこの積極性がチームに火をつけたのか、攻勢をかけます。
8分FKから高聖が頭で合わせて2-2。
12分ゴール前の混戦から飯野七聖が決めて2-3、逆転。
その後は続々メンバー交代
鎌田OUT山本礼利IN
吉川OUT廣澤拓哉IN
石附OUT佐久間理央IN
礼利を中心に攻め立てますが相手の粘りもあってなかなか追加点が奪えない。
しかし42分七聖が右サイドを突破、折り返しを廣澤が決めて4-2。
46分佐久間が左サイドを突破、クロスを渡邉がきめて5-2。
後半はゴールラッシュで逆転勝利。サイド攻撃が機能した。

終始圧倒した後半ですが相手の反撃で簡単にゴール前への侵入を許すなど、守備面ではヒヤヒヤ。
うーん強いのか弱いのかよくわからん。
勢いにのって自分たちの形を作ればイケイケだが、上手く行かないとズルズル修正できない。
今回はハーフタイムを挟んで監督の指示、交代選手の活躍もあって流れを変えたが、試合中に自分達で変えられないと上にはいけないのでは?
試合後の選手たちは満面の笑みでしたが、危機感を抱いた選手は居ないのだろうか。

星稜vs帝京長岡は4-1で星稜が勝利。
得失点差で2位に浮上した。プレミアリーグ参入戦出場枠は『2』。
星稜を逆転することは出来ないので2位通過を目指すしかない。
そのためには下位チームに取りこぼしをしないこと。そして直接対決9月14日の帝京長岡戦が重要ですね。
なんとその日はホーム大宮戦、しかもレディースとのダブルヘッダー・・・。
しかもキックオフ15:15っておせーよ。トップの試合にギリギリだな。
しかしこの大一番見逃せないゾ。
こっちをスワンで出来ないかしら・・・?

内容は悪いが勝ち点3

コメントをどうぞ

アウェー湘南戦、スカパー観戦。
大野カズは契約上出場できず。ちょっと残念。
立ち上がりから湘南に押し込まれアタフタ、亜土夢はミスでボールロストしまくり、成岡はステルス機能全開、画面に映りません。
おいおい何してんの?」と画面にツッコミますが、湘南に決定力が無く助かる。
ピンチからのカウンター攻撃で先制すると落ち着きました。見ているこっちも。
ジンスの左アウトサイドキックはビューティフル、しっかり決めた堅碁もやるなぁ。
後半もヒヤヒヤするシーンの連発でしたが、金髪やモヒカンが外してくれて助かった。

するとカウンターから堅碁2点目。
苦しい時に点を取るこれぞエースだ。
最後まで調子が上がらなかったアルビですが、内容が悪いながらも勝ち点3をを奪ったことは上々。
ただレオシルバの怪我の具合が心配です。
ヤンツー監督もインタビューで審判への不満をのべたが、中断期間に審判側から後ろからのチャージに対しての通達があったとか。
それでいてあの蟹バサミみたいなのが、警告なしかよ。といったところでしょうか。
解説の田中孝治氏がなだめようとするがますます火に油をそそいじゃった・・・。

さあ次節、連勝だ!
と思ったらまた中断・・・。
東アジア選手権だっけ?B代表みたいな日本代表ですけど堅碁が入っていたら興味も沸きましたが。興味なし。
つまんね~

Older Entries