天皇杯2回戦、新潟経営大学戦は延長戦の末4-2で勝利。
薄氷を踏むヒヤヒヤの勝利でした。

いや~こんな演出必要なかったのに、盛り上げやがって。
試合前には「何点入るかが見所だね」なんて声がきこえましたが、ボールを支配しパスも繋がりましたが最後のパス・シュートが精度を欠く。
レオシルバの先制FKで楽になったはずが、追加点が決まらない。
前半で交代させられた堅碁、ボールを受ける動きはいいがシュートをミスる岡本、ポストも裏への飛び出しも中途半端な武蔵、ボールを納める・ドリブル突破は抜群だがシュートが弱い達也。
FW陣にいいところがありませんでした。
モタモタしているうちに後半に追加点を奪われ、延長戦の開始早々に逆転される・・・。
Vゴールだったら負けてたで。
尻に火が付きその後2得点をあげ勝利しましたが、内容は「勝っただけ」。

やはり格下相手には難しいですが、それも経営大の頑張りがあったこそ。
ショートパスを繋ぐ意識、技術もすばらしい。
延長戦になるとほとんどの選手が脚を攣らせてましたが、それでもゴール前では身体を張り守り、カウンターからゴールを目指した。
大善戦。スタジアムのサポも大きな拍手で称えていました。
彼らの今後の活躍にも期待したいですね。

広告