プリンスリーグ・アルビユースvs帝京長岡マッチレポート。
プレミアリーグ参入戦の条件である2位確保のためには負けられないアルビユース。

       渡邉新太 鎌田啓義
  山本礼利          吉川佳介
       三好一央 手塚峻一郎
小池裕太 五十田航輝 酒井高聖 石附航
            本田渉
サブ・・・柏原、安部、佐久間、廣岡、飯野、福田

試合の入りはバッチリ、ショートパスを繋ぎチャンスをつくります。
ボランチの三好がパスを受けパスを配給。手塚も絡み中盤を支配。
帝京長岡は前からプレスをかけず、後ろでブロックを作る戦術。ワントップ山田を一枚残し引き気味。
ボールを奪うとワントップめがけロングボールを蹴る。
しかしそこはセンターバック高聖と五十田が跳ね返す。
優位に進めるアルビユースですが、シュートが少ない、得点が決まりません。
そうこうするうちに帝京長岡のカウンターがはまってきます。サイドバックの上がりも恐い・・・。
前半は0-0。

後半スタートから山本礼利OUT飯野七聖IN。
礼利のドリブルは魅力ですが、サイドを意識しすぎなのか?小池の上がるスペースを消していた。鎌田とのコンビネーションもイマイチ。
代わった飯野が効果的にチャンスに絡みますが、それでもなかなかゴールが奪えません。
すると後半30分に中盤で繋がれ失点。アルビペースだっただけに痛い・・・。
しかしその5分後、左SB小池のセンタリングを飯野が打点の高いヘッドで同点に~
すばらしい跳躍力でした!
一気に畳み込むアルビユース、40分・CKの流れからしっかり繋いで上がっていた五十田が難しいシュートを叩き込み逆転~
45分さらにカウンターから渡邉新太が抜け出し、追いすがるDFのチャージをものともせず、GKまでかわして落ち着いてゴール。
体幹の強さを見せ付ける渡邉新太、試合中に大柄なDFからのチャージにもビクともしません。
結局3-1の逆転勝利!!
熱かった。若いサポにまじって声を出して応援、嗄れました。
試合後は満面の笑みの選手たち。
見事な逆転勝ちですし、プレミア参入戦への切符も掴み結果を出しました。辛口のきむジイも笑顔~

次節は順位は決まったとはいえ首位星稜との一戦。
今後につなげるため、しっかり勝ってリーグを締めてもらいたいですね。
すみませんがきむジイは広島へ行っております・・・・。

広告