2013Jユースカップ決勝トーナメント1回戦を応援に西が丘球技場へ。
アルビレックス新潟ユースはFC KAGOSIMA U18を3-1で下し、2回戦へ駒を進めました。

      渡邉新太 鎌田啓義
  飯野七聖          吉川佳介
     手塚峻一郎 藤田航
小池裕太 五十田航輝 酒井高聖 石附航 
            本田渉          サブ・・・神林、有田、平岩、三好、宮崎、斉藤、福田

立ち上がり互角な展開、中盤の潰しあいでこう着状態、決定的チャンスもなければピンチも無い。
そんな状況を打開したのはさすがのストライカー渡邉新太、40分にクロスを処理しそこねGKがこぼしたところをすかさず拾いシュート!先制!!
前半終了間際に試合が動いた。

後半19分ワンツーで飛び出した飯野が決めて2-0。
しかい24分ロングフィードをすらされ1点を返される2-1。元気がでた鹿児島に攻め込まれる。
アルビも追加点を狙うが183cmのGKがファインセーブを連発。嫌な時間帯がつづきゴール前中央を固められる。
そこで両サイドから攻め込み、飯野・吉川がパス交換で中に進入し相手を混乱。
35分にゴール前で飯野がシュートを放つGKの手を弾きゴールイン3-1。
この3点目がトドメを刺した。

マンオブザマッチは飯野七聖。
運動量豊富に駆け回り、SBの小池とのコンビネーション、FW鎌田とのパス交換も呼吸がバッチリ。
スタミナも衰えず、フィジカルでも負けなかった。
2得点の決定力も素晴らしい。

2回戦はFC東京U18と11/10(日)15;00に東京ガス深川グランドで開催。
ところが当日はトップチームがアウェー大分戦・・・行けません。
健闘を祈る。

広告