闘え新潟!!

コメントを残す

wpid-dsc_0277.jpg

ホーム甲府戦。
(裏)天王山だった、負けられない試合だったはずが。
0-2の完敗。

水曜日のナビスコ杯での勝利をうけて、勢いに乗ったかと思いきや。
逸機の連続。また慢心なのか??

メンバーも変わって、前線からのプレスも無く
甲府の選手がよせてくるのを待っているかのよう緩慢なプレー
躍動感もどこへやら。ロングフィードは守田も含めあさっての方向へいくばかり・・・。

元プレイヤー、チョー詳しい先輩に「やってるサッカーは良い」「残り試合を半分勝てば良い」と慰められました。
しかし心配症なきむジイは安心できません、なんせ14節でたったの2勝ですからね。
目指すサッカーは現在の選手には荷が重いのか?と思ってしまいます。

この試合で選手は全員が全力でやったのか?100%でやったのか??
スタンドの私たちからはそうは見えなかった。
それが、試合終了時の「闘え新潟」コールである。
もう一度奮起せよ!!

※試合前に後援会定時総会に出席してきました。
質疑応答は成績不振に関するものが殺到するかと思ったのですが・・・
『アウェイ松本戦のチケットが取れなかったから後援会はなんとかしてくれ』とか
『招待券はなくしていく方向なのか』とか
『若年層の取り込みにNGTとのコラボを』とか
え~~~?今の順位に心配してないんですかね?もう諦めたの??
やっときむジイの番です
『残留に向けてのクラブの対策は?監督交代、選手の補強は考えているのか?』
田村社長の回答は
監督交代はいまのところ考えていない、選手の補強は考えている(ソンジュフンの抹消も絡めて)。
失点は選手個人の責任の場面が多いので意識付けを強めている。
選手もクラブも同じ方向をみてひとつになって闘いたい。
『開幕から内容は悪くない続けてトレーニングしていくと言いつづけても、安い失点が直らない。選手個々への意識付けを強めるとのことだが、今までやってこなかったのか?』
ちょっとムっとしながら、今までもやってきてます。トレーニング方法も変えてきてます。
なんか納得いかなかったが、司会が次の質問者を指名してしまった。
その後は成績不振に対する質問無く。時間終了・・・。
2012年のとき(黒崎時代のジュビロ戦前)は「甘い事ばっかり言ってんな!」と社長に詰め寄るおじさんが続出。
退席しようとする社長を取り囲んだりしたのだが。
今年はそんなことも無かった。心配してるのは俺だけ??

指宿に謝る。

コメントを残す

交代で指宿が投入されたとき、きむジイの周りでは、
「ええ~?いぶすき~~??」
「宗のほうが良いよ・・・」
ファーストプレイで倒れると
「(ジャイアント)馬場みたい」
「宗の残像で遅くみえるのかなぁ?」
「いやいや現実でしょ」

いや~散々言ってましたわ。
指宿、ごめんね謝ります!!
ゴール後はなんだか足も速くなったような気がしました。おそるべしゴールの力。

交代の宗、達也が悪かったわけではなく、今日のプレッシングのスイッチを入れたのが、このふたり。
久しぶりにアルビらしいプレッシングを見たね。
チーム全体でもパスのスピードもあり、縦を突く動きも多かった、プレースキックも鋭かった。
トラップが流れてなかなかシュートに行けなかったのはまだまだ課題でしょう。
守備も堅く久々の無失点。

たしかに、カップ戦だから降格圏を抜けたわけではないです。
相手は湘南の2軍。
浮かれてるわけにはいかないのは分かってます。
でもいい流れで30日の甲府戦に臨めるのは確かです。
次こそ大一番、裏天王山!!
勝つぞ~~~~~!!!

勝利の女神くる~~

コメントを残す

5月30日のヴァンフォーレ甲府戦
勝利の女神たちが降臨します!!

ジュニアチア第10期生デビュー!!

彼女らが出演すると無敗という、伝説があります。
今季、ホームで唯一の勝利・柏レイソル戦にも出演。

なんだかちょっと、ウキウキしてきた!
わらにもすがる思いであります。

健太郎とサポーターのやりとり

コメントを残す

スライドショーには JavaScript が必要です。

Tenyの新潟一番「アルビ主義」で広島戦での健太郎とサポーターのやり取りが放送されました。

大井「勝てる試合を本当に見せたかったし」
  「出来なかった自分たちが本当に悪いから」
サポ「チームはひとつにまとまってるのか?」
大井「チームはみんなで話もしているし」
  「みんなで決起集会という形で話し合いもしてるから」
  「今は本当にうまくいかなくて本当に申し訳ないけど」
  「アルビレックスのためにやる気持ちは絶対みんな持っているから!」※感極まる
サポ「わかった!!」

応援するぞー!!というきむジイの絶叫も聞こえちゃった・・・

ホント、アルビレックス新潟のためにやってくれ!たのむぞキャプテン!!

スカパーでアウェイ広島戦を見直す

コメントを残す

昨夜帰宅後、新潟日報を読むと
「積極的なプレスを封印して、メリハリをつけてボールを奪いに行く作戦を与えた」byヤンツー
どおりでプレスが緩いと思ったわ。
寄せが甘いから簡単にパスを展開された。
なんか選手が勘違いしちゃったのですかね??
集中が切れるシーンも見られました。
後半、交代した浅野がカウンターで攻めてくる→3人4人とアプローチ。
センタリングが流れるとホッとしたのか誰も追っかけない→広島の選手に拾われる・・・。

背中を向けてる山崎と指宿の間をスルスルと抜けていく森崎→ロングフィードを佐藤に繋がれあわや失点・・・。

こんなチームだったけ?アルビレックス新潟は??
達也と宗が入って前線からのプレスは復活しましたが、コメントで指宿が「守備ばかりで攻撃できなかった」
とのたまってましたが、それほど守備してたかしら。

録画を見れば見るほど落ち込みますが、
縦につけるパスが成岡や大から出てたことが変化の兆し。
前野の攻撃参加も広島のブロックを崩しかけた。
しかし・・・安い守備で簡単に失点していては勝利は望めません。

水曜日、湘南の高速カウンターでぶち抜かれ
土曜日、甲府のセットプレーで決められる

それは勘弁してくれよ。

(番外編)熱かった!広島

コメントを残す

アウェイ広島戦の翌日はMAZDA Zoom-Zomm+スタジアム広島へ野球観戦へ行ってきました。
特にファンといことは無いのですが、ちょっとスタジアムでも見てこようかなと安易に考えました。

とにかく熱い!気温じゃなくて盛り上がっている。
チケットはビジターを除いて完売。
駅からスタジアムに向かう沿道の飲食店は店先に弁当だのつまみだのを並べて便乗商売。
開門待ちは大行列だし、家族連れが多い、じいちゃんばあちゃんも多い。
カープ女子ももちろん、カップルに、高校生男子グループに、修学旅行生だのスタジアム内はごったがえす。
驚くべきはユニホーム着用率の高さ、ばあちゃんも着てる。これは東京ドーム・西武ドームでは感じなかったこと。
帽子もテンガロンハットがあったり麦わらがあったりグッズ率高し、野球帽でも人形が乗っていたりしてカワイイ。
小物のグッズも豊富でカワイイもの好きな女子が群がっていた。
タオルマフラーはほぼ全員が持っていた。

スタジアムも工夫が満載。
バーベキューしながら観戦できるゾーン、ピクニック気分のゾーン、寝そべって見るゾーン、テーブルとイスがあるゾーンなどなど
アイデアが豊富。
内野自由席しかチケットが無かったのでそこに座ったのですが、席がなくて通路にファンがあふれる状態。
みなさん熱心な方々で観光がてら来たきむジイは完璧に浮いていた・・・もの凄く居心地が悪かった。
飛行機の時間もあって1時間半くらいの滞在でしたが、とにかく熱かった!
しかし成績はイマイチみたいですね・・・
でも降格とか無いから気楽か??

あと気がついたのが小さいスポンサーの多さ。
ホームランだのヒットだのゲッツーだのに商品がいちいち出る。それも地元の居酒屋とか小さい所から。
営業努力もすばらしいですね。
地方クラブとして見習う点はたくさんあるのではないでしょうか。

とにかく満員のスタジアムがうらやましかったです。

泣いた

コメントを残す

アウェー広島戦2-4で敗戦。
いいおやじが泣いた・・・

試合後の挨拶で健太郎が近寄ってきた。
罵声を浴びせるサポを制するリーダー。
「俺らがダメなのはわかってる・・・(以下聞き取れず)」
その姿は痛々しかった、それを止めようとする前野もうなだれる。
そんな姿を見たら、涙が出た・・・。

この日最後まで闘っていた。
気合も感じた。

しかし、セットプレーで2点、ミスがらみで2点
安易な失点していてはどうにもならんよ。

もうなにかきっかけがほしい。
ヤンツーさん
限界でしょ??
潔く身を引いていただきたい。

善戦だ

コメントを残す

今日は五十公野へ、なでしこリーグ2部 JAPANサッカーカレッジvs日体大SC横浜 観戦。
結果は2-4で敗戦。
スコアは完敗ですが、5位のチームに善戦したといえるでしょう。
前節、首位の長野にボコボコにされましたが。
この試合ではしっかりと切り替え、見事に戦いました。
(需要は無いかもしれませんが、試合レポート書きます)

まずは配置をちょっと変えた、FWの鶴見真理奈をボランチで起用。
この起用がはまった、とにかく運動量が豊富。
相手にプレッシャーをかけ、奪ったらドリブルで前線に運び
ピンチには最終ラインまで戻ってカバーリング。
彼女だけではなく、チーム全員のプレッシャーが早い。連動もしっかりとれて絡め取る。
DFラインも高く保ち、オフサイドを取りまくる。
11分左SBの坂口友紀がドリブルで駆け上がり、遠めからシュート風にのってゴール!!
いいぞ!
その後も積極的に攻め、ポスト直撃弾もあり。おしい~~
しかし27分にGKが弾いたボールを詰められ同点に・・・。
ちょっとがっくりきたか?プレスもはがされ、運動量も落ち41分と45分に立て続けに失点。
このまま凹られるのか??

しかし後半、またも前線からプレスをかけ主導権を握る。
70分ペナルティエリア近くからのFKに鶴見真理奈が頭から飛びこんでゴール!!
1点差に追い詰める。
その後も押せ押せのJSCL。
なんとか追いつきたいがゴールが遠い。
前がかりになったところをアディショナルタイムに失点し、万事休す。
悔しい敗戦となりました。
試合後にハイタッチ見送りがありましたが、今日はすがすがしい表情で笑顔も見られました。
満足はしてないでしょうが、手ごたえは感じていることでしょう。
もっともっと練習して上を目指せ~~
それには前線の18・19歳の若い選手の成長が必要ですね。

鶴見選手に「お疲れさん」と言いたかったのですが、
ハイタッチに姿が無く・・・疲労困憊でしょうなぁ。

NHK新潟でホーム仙台戦を見直す

コメントを残す

宮澤ミッシェルの解説が聞きたくてNHKの録画を見直す。
実況アナも結構落ち着いていてTenyの内田より良い。
ミッシェルのポジティブ解説を聞いているとちょっとだけ安心した。

前半の終盤はチャンスを作れていた。
ただし、ちょっとずつちょっとずつずれた感じか。
終了間際の指宿のシュートも実はチャンスだった・・・。DFのクリアが一歩早かった。
前野は良いクロスを上げてた。タイミングもアイデアも良い。
次節は成岡がボランチで出て、サイドハーフで出番がありそう。

ほんとに攻撃の形は悪くないっつーのは映像でわかった。
あと、足りないのはゴールに入れるだけ。
ミッシエル氏も言ってたが、「ゴール前の落ち着きが必要」

仙台の得点シーン。
ラッキーな形で自分の前にボールが転がってきても、落ち着いてシュートを打ってた。
あれが新潟の選手だったら焦ってふかしてたかもね。

次節は苦手広島と鬼門・ビッグアーチ。
舞行龍が出場停止、ソンジュフンがまた怪我をしたので、3バックは無理。
ポジティブな要素がほしいので、ラファ復活お願いします。

さいあく

コメントを残す

ホーム仙台戦、0-3の大敗・・・。

試合前のえのきどいちろうさんトークショーでは
「後世に残る試合になるだろう」「バックヤードはピリピリしてる」
「2-1で勝利」etc
煽る煽る。
しかし、「得点力のある仙台に0-4で負ける可能性もある」と不吉な事も。
ほぼ当たっちまった。

ボランチに舞行龍を起用するギャンブル。
3バックもあるのかと思ったらやっぱりボランチ。
センターバックのやや前のポジショニングでそのプレイはセンターバックそのまま。
中盤での構成力を欠き主導権を握られた。
失点も相変わらずつまらないミスから。
10分にクリアボールが後ろに行って、
他の2点もクリアボールを相手に渡してしまった。

前半の終盤は攻勢だったが、失点を重ねる毎にに尻すぼみ。
カウンターで攻めあがってもモタモタしてシュートチャンスを潰し、どこに蹴ってるのかわからないロングボールとか、ここぞ!のチャンスで精度の無いクロス、微妙にズレるパス、おそまつなトラップ・・・・

おーい!ビリから2番目という自覚はあったのか??
なんかさぁモバアルのレオに対するコメントとか、新潟日報の前日コメントとかさ
作家さんが書いてるんじゃないかと思うくらい、全然そんな気概は感じられず・・・へたれだったわ。

試合後ゴール裏はブーイング。
しかしその後に自然発生的に湧き上がったアルビレックスコール。
それはメインスタンドでも沸きあがりました、もちろんきむジイも。
まだまだ諦めるわけにはいかねぇよ。
奮起せよ!!

ヤンツー監督も煮詰まってますなぁ。
ベンチでうつむいちゃって、テクニカルアリアで指示するでもなく佇む。
引き上げるヤンツー監督に「どんな練習してんだ!点が入らねーじぇあねーかヤンツー!!」
とブチ切れると、警備員がすっ飛んできた。
選手の信用も得ているのか?疑問です。
監督交代も有りだと思うのだが、へっぴり腰のフロントじゃ期待薄だわ。

Older Entries