FIFA女子ワールドカップカナダ2015
なでしこジャパンはカメルーンを2-1で下し、決勝トーナメント進出。

早い時間に鮫島のゴールで先制、ふかさないように慎重に決めた。
コーナーキックを変化をつけて、菅澤のダイナミックなヘッドで追加点。
このときのカメルーンの守備のまずさを見て、「こりゃぁ楽勝じゃね?」
と思ったら甘かった。さすがワールドカップ。
後半は防戦一方・・・カメルーンのFWこえ~~~
粘り強く守った!とも言えるが、スイス戦も同じ展開でしたので決勝トーナメントでの戦いに一抹の不安がよぎります。

アルビレディースの上尾野辺めぐみが後半、今大会初出場。
押し込まれた展開だったのでドキドキもの。
はたしてボールにさわったのか?
次の試合、エクアドル戦には北原佳奈の出番はあるかなぁ??

広告