20日の「国際ユースサッカーIN新潟」ネタ。

U17日本代表vsU17セルビア代表の試合前の出来事、
U17日本代表の控え選手がピッチ脇に給水ボトルを設置し始めました。
しかし、ひとりふて腐れている選手がいました。
するとその選手はボトルをポーンと投げ落とし、足で蹴ってます・・・。
背番号7・札幌U18の選手。
代表に選ばれるくらいだからボトルの設置なんかしたことが無いのかも?
「何で俺がこんなことしなくちゃいけないんだ」と思っているのかしら?
しかし、これからチームメイトが口にするボトルだよ。
熱中症が心配される気温でまさに『命の水』だよ。
それを足で蹴って設置って??チームは親はどんな教育してるのか???
「人」としてどこか欠けていては一流の選手にはなれないでしょうね。

日本代表、ガンバの今野秦幸選手はけっしてボトルを投げないそうです。
高校時代の監督の教えを守っているとのこと。立派だ。

もうひとつ
セルビアの試合続行不可能で日本代表の勝利。
よって3戦全勝で優勝が決まり、表彰式がおこなわれました。

まあ3戦全勝と立派な成績ですから、優勝トロフィーを掲げて喜ぶのはいいでしょう。
残念なのはその後、浦和のマネでいじられキャラの選手がトロフィーを掲げると誰も反応しないってのを
ガハガハ笑いながらそれも2回も3回もやる・・・。

ちょっと待てよ、対戦相手の選手が熱中症でぶっ倒れて救急車で運ばれてるんだよ。
それも2人も!!
死に至るかもしれない熱中症だよ!よくまぁ無神経にガハガハ笑ってられるわ。
あきれる。
ま、17歳っていったらまだまだ子供だしな、しょーがないか・・・。

今朝の新潟日報によると倒れたセルビアの選手2人は軽症で済んだとのこと
ほっと一安心です。

広告