アウェイ清水戦はスカパー観戦。(だって明日は休めないだもん)
両チームとも残留に向けて負けられない闘い、
新潟は痛み分けと言うか負けなくて良かった・・・。
立ち上がりから押されっぱなし、16分にコーナーキックから珍しくゴール。
清水はデータ的にセットプレーからの失点がリーグワースト。
なるほど・・・。

その後も清水のペース。前半終了間際にPK献上・・・。
ピンチは続くが
なんとかデュークとかがありえないミスしたり、ウタカもミス多目。
チョンテセは「俺が俺が」で、大前は脚を痛めて?交代。
助かった。
後半、足が止るのを見越してアルビがギアを上げるのか?と思いきやさっぱり上がらず。
達也が入って推進力がちょっと出てきたが、周りが動かないので尻すぼみ。
佐藤とか何しに出てきたのか???

暑さと連戦、移動の疲れもあったでしょうが、残留が決まったわけではなく。
相手の気迫にタジタジになるようじゃ先が思いやられるよ。
もう一度アグレッシブルさを取り戻してもらいたい。

広告