天皇杯2回戦。秋田に4-0で完勝。
日曜日からメンバー全員を代えてのぞんだこの試合。
練習試合等でこのメンバーでやっているのであろう、連係もスムーズ。
驚くべきは佐藤優平のフィット具合。果敢な守備プレス、味方を活かすパスの展開力。
まるで開幕前のキャンプからいるかのようなアルビスタイルを吸収している。
2種登録のユース3人組みも躍動。
長谷川巧はピンポイントクロスで達也のゴールをアシスト。
宮崎機笑も積極的にゴール前へ、ラファに怒られながらもシュートを打つ。
交代出場の斉藤宏太は見事なゴールを上げた。
貴重な経験になったことでしょう、今後の糧にしてもらいたいですね。

公式戦初出場の酒井高聖はちょっと意気込み過ぎ?
食いつきすぎて入れ替わられる場面が2回ほどありピンチを招く。
試合勘が鈍ってるのかなぁ。それでもしっかりコーチングする姿も見えた。
がんばれ~~

もうひとりデビュー戦
実況の岡田アナ、まあ落ち着いた感じで内田より聞きやすい。
得点シーンの絶叫は日テレイズムか・・・。
それにしても斉藤のゴールを「プロ初ゴール!!」と連呼してましたが、
彼はまだプロじゃねーし。
2種登録についてもうちょっと勉強しなさい。

広告