善戦を超えろ

コメントをどうぞ

20170626_123642

アウェイ鹿島戦、飲み屋で吞みながらDAZN観戦。
だんだん酔っぱらってあんまり覚えてない・・・(殴)

前半は良かったよね。高いDFライン、前線からのプレッシャーが嵌る。
鹿島ゴールに再三迫るがあと一歩足りない。
どーしたら良いのか?
後半CKから失点、守田も弾く矢野もカバーした。
しかしそのボールが鹿島ペドロの前へ。
ツイてない。
75分にはレアンドロにDFライン裏を取られ、GKとの1対1を簡単に決められた。
この辺の差なんだろうなぁ~

上位チーム強豪チームに善戦ともいえる内容だったが、J1残留には善戦を超える闘いをしなくちゃならない。補強のFWタンキ、DF大武の活躍に期待、他の選手も刺激を受けてほしい。

DAZNでホーム大宮戦を見直す

コメントをどうぞ

見ていると色々腹が立ってくる。
実況の内田の耳障りな声、絶叫調。大宮のゴールが心底嬉しそうだ。
4年くらい経つのにサッカー知識は全然わかっていない。
前半終了間際、相手FWとソンジュフンが頭をぶつけレフェリーが試合を止めたシーン。
主審が試合を止めるのは『骨折をした』『頭を打った』など重症に限られる。
出血があれば血が止まるまでピッチに戻れない。
これを理解してないのか?
「ソンジュフンもピッチの外に出ましたね。」とか言っちゃってる。
画面には流血しているソンジュユフンが映し出されているのにだ。
実況を消したいのにDAZNにはその機能が無いのだ。

鈴木武蔵が散々叩かれていますが、山崎も酷いよ。1得点は決めたが再三外しまくった。
これは補強が必要と思うが、来ましたね新ブラジル人の噂。
ダスケだっけ?ダッケかな?新潟にふさわしい新潟弁みたいな選手
あー違ったちがったタンケだった。
2015年ザスパで4試合1ゴールだけど、メキシコ2部リーグだけど、なにやらデカイ怪我してたみたいだけど。当たり外国人であることを神に祈るばかりである。無宗派だけど。

情けない・・・

コメントをどうぞ

DSC_1863

ホーム大宮戦、1-2の敗戦。
裏天王山、絶対に負けられない大一番、この試合に勝って札幌が負けるとウンヌンカンヌン
地元マスコミもおおいに盛り上げたが、またも皮算用はうまくいかず、
断トツゲッポになってしまった。
終了間際のFKのチャンス、「きめてくれ~」と叫ぶが心のどこかに
「どーせホニが壁に当てて終わりでしょ??」との思いがあって
結局それが現実となってジ、エンド。
なんか、どんどん熱が冷めていくのが自分でも怖い。

立ち上がりからアルビペース。
しかし、相変わらずの決定力不足。
27分マークの受け渡しがうまくいかず?小泉慶が江坂にあっさりかわされDFライン裏に抜けられる。
GK川浪吾郎が股を抜かれて・・失点、警戒していたはずの江坂に決められ、またもや浮足だつアルビ。6分後にはソンジュフンがクリアボールを江坂に当ててそのままゴール前まで運ばれ失点。
なんじゃこの珍プレー。反省してはよ坊主にしろや。
それまでは両チーム互角の『凡プレー』連発だったが、この2得点で大宮が自信を持っちゃった。
前半は大宮ペースで終了。

後半攻勢に出るアルビ。
60分山崎のボレー!!で1点を返すと、イケイケムード。
だがしかし、ゴール前での絶好のチャンスに矢野貴章は空振りwww
途中交代の鈴木武蔵がDFライン裏に抜けてGKと1対1も大きくふかすwwww
反撃の勢いも削がれ尻すぼみ、弱気のバックパス連発、前線へのフィードは精度を欠き、中盤でのパスはカットされ、チャンスになりません。矢野貴章がサイドでターゲットになっていたのでもっとボールを集められなかったのか?
まあその精度もないかもしれませんが。

メインスタンドに選手が来た。
「ミスばっかりしてたら勝てねーよ」と叫ぶが、そんな人はメインスタンドに俺ひとり。
「サポートするよ!君たちはもっと出来るはずだ!」とかカッコいいこと言うおじさんも居たわ。
サポートするんだったらサマーユニホームを2着3着買ってやれよ。
そんな5年も前のレプリカを着てないでさ!
なんて思ったきむジイであった。

ここから奇跡を起こすなら、屈強なストライカーは絶対に必要。
中野さん。神田さん既に動いてますよね???
ちっとは寄付するから振込用紙送ってこいや~~

何やってんだか・・・

4件のコメント

DSC_1862

65分まではゲームプランどおり、引いて粘り強く守ってカウンター攻撃。
攻めあぐねるセレッソ、杉本もイライラで交代。
アウェイで勝ち点1でも上々、
と思いきや。PK献上・・・。
CKの守備で相手を後ろから抱えて押し倒し・ソンジュフンは相撲がしたいのか??
そこからはもうプッツリ切れるアルビレックス新潟。
セットプレーの流れでフリーの選手を出して決められる、(相変わらず)
クイックリスタートに誰も警戒していなく、あっさり失点。(また一瞬のスキか?広報さんよ?)
FKの守備で壁もうまく作れず直接FKをぶち込まれる。(スキだらけ)
反撃もままならずチグハグ、だいたい加藤、成岡のどこに期待すれば良いのか?

前半はセレッソの猛攻を耐えた、守田もバッシングを跳ね返す好セーブを見せた。
ワントップの山崎もなかなかの機能。
少ないながらも得点のチャンスもあった。(キムジンヒョンあんたすげーよ)
それだけにあのPKに繋がる反則はもったいなかった。
猛省してもらいたい。
とりあえず金髪やめて坊主な。

それにしてもセレッソ大阪のベンチリポーター、反則だろあれ。Bjn4vEOCIAEHptI

連敗ストップ

2件のコメント

年に一回の当間高原での試合。
なでしこリーグカップAグループ アルビレックス新潟レディースvsジェフ市原・千葉レディース
3-2でアルビレックス新潟レディースの勝利!
連敗ストップ、公式戦6試合ぶりの勝利となりました。

雨が降り気温13℃、観客も491人と悪条件の中熱い闘いを魅せてくれました。
開始5分ジェフのCKであっさり失点・・・。
しかしここで落ち込まず反撃できた。ショートパスを繋ぐ、DFラインからのロングフィード、サイド攻撃と多彩な攻撃を見せる。パスをカットされなかなかシュートまで持ち込めない苦しい展開。
しかし35分アルビのCK、上尾野辺めぐみの蹴ったボールをGK山根がクリア→拾った唐橋万結が左足シュート→GKがミス、ポストの跳ね返りがジェフの選手に当たって?オウンゴール同点!!
直後の38分。3本4本とショートパスを繋ぎ右サイドの小原へ、クロスを上尾野辺めぐみがダイレクトで決めた!2-1!!
左サイドハーフに入った唐橋万結がイキイキ。ショートパスの繋ぎにもしっかりと加わり、サイドからの縦への突破も魅せる。緊張して実力が出せなかった開幕戦と違い
「逸材」の片りんをみせましたね。
後半開始早々、唐橋万結がドリブルでPAに侵入PKをゲット!
大石沙弥香が落ち着いて決めて3-1。
これで勝負あった!と思いきやジェフも粘る59分に1点を返される。
ここから一気に勢いをもってプレッシャーを掛けてきた。
しかし、この勢いをしっかり受け止め身体を張るDF、あぶないシュートはGK高橋智子がファインセーブを連発。先発起用に応えます。
このまま凌いで試合終了。熱戦をものにしました!!
試合後のファンサービスタイムでは選手たちも笑顔。
いや~寝不足だったけど、雨で濡れたけど、寒かったけど・・・
応援に行ってよかったです。
会場の雰囲気も、しったか野次を飛ばすヤツも居なくて応援する空気に満ちていました。
ジェフサポもアクセスが悪いなか、大勢応援に来ていましたね~お疲れ様でした。
ジェフの若林美里選手は古巣対戦、ちょっと元気がなく途中交代・・・
(あんまり活躍されてもこまりましたけど・・・)新潟戦以外でガンバレ~

さあ!リーグ戦は中断。このカップ戦で立て直し後半戦につなげてもらいたいですね。
新戦力も台頭してきた、次節は中村楓が代表遠征で不在、センターバックは誰が務めるのか?
きむジイ的には瀬倉春陽に期待です。

DAZNでアウェイ仙台戦を見直す

コメントをどうぞ

後半先制してから、カウンター攻撃が雑になった。
ホニも単調なクロスでチャンスを潰す。武蔵も3回くらい決定機があったかと思ったが、GKとの1対1くらいだったな。
ループを狙ったように見えたのだが、GKの股下を狙いそれがダニエルの足に当たって跳ね返ったみたい・・・。
ここで追加点取れなかったのは敗因のひとつ。

仙台のジョーカー・クリスランだったが、西村のほうが怖かった。
左ウイングのルーキー永戸といい、若手が育ってきているなぁ。うらやましい。
2失点目はクリスランのスーパーなトラップとムリヤリねじ込んだシュートで勝負あり。
堀米の中途半端なオフサイド狙いが原因か?
森の守備意識の低さも原因のひとつ、攻撃でもドリブルは全部相手DFに引っかけてリズムを悪くした。

カウンター攻撃の鋭さはあるが、だんだん単調になっている。
すでにスカウテイングされてるのでは?
ガリャルドからホニへ叩く、右サイドを突いて→そこからクロスの工夫、中に切り込んでのシュートを打つ。
ボランチとガリャルドの攻撃参加、尚紀のオーバーラップ。ファーには左サイドの選手が詰める。
これくらい多彩な攻撃を見せないと得点は取れないのではないか??
いつまでもガリャルドの展開力、ホニのスピードに頼り切っていたら頭打ちですよ。
まあワントップに強烈なストライカーが居れば話は別ですけどね・・・、

痛い敗戦

2件のコメント

IMG_3871

アウェイ仙台戦。1-2の敗戦。
勝って仙台との勝ち点差を3に縮めたい。仙台を残留争いに引きずりこみたい。
取らぬ狸の皮算用をしましたが、結果は逆転負け・・・痛い敗戦となりました。
後半ラッキーな形で先制するも、クリンスランの2得点でひっくり返された。
仙台にジョーカーは居たが、アルビにはジョーカーは居なかった。
選手交代でどんどんスケールダウン。
「武蔵、決めろや」ってはなしですが、DFを二人背負って振り向きざまにシュートを打つなんていう現在のタスクは非常にレベルが高い、よほどのストライカーでなければ難しいであろう。
仮にここにラファが居たら、全盛期のエジミウソンが居たらピッタリと嵌るでしょう。
武蔵の覚醒を待っていたらシーズン終わってしまう。ここは外国人センターFWを補強すべき。
それくらいの博打を打たなきゃ残留するには厳しい状況に追い込まれた。

そして相変わらずの失点癖。なぜ毎回のようにPKを献上するのか?
とある先輩に質問したところ「DFラインが低いのでどうしてもペナルティエリア付近でギリギリの守備をしなくてはばらない、無理をしなければならない場面が多いのでこれからもPKは増える危険性がある」とのこと。このまま引いて守る戦術で大丈夫なのか?また心配事が増えましたわ。

Older Entries